« 「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という不審なメール | トップページ | お花見を楽しんで帰りに一杯 - 桜の季節(2018) »

2018/03/24

前事務次官の前川さんは「右傾化を深く憂慮する一市民」だった?

 

愛知県名古屋市の公立中学校が、文部科学省の前事務次官だった前川さんを講師に招いて公開授業を行ったそうで、そのことが問題になっているそうですね。

 

正確には、文部科学省が名古屋市の教育委員会に対して、この公開授業の内容についてメールなどで問い合わせをしていたことが、教育現場への介入だということで問題になっているようです。

 

教育委員会は返答を拒んだそうですが、公開授業の内容を授業終了後に問い合わせることが、なぜ教育現場への介入ということになるのか理解に苦しみますし、返答を拒まないといけないような内容だったということですかね?

 

あるいは、文部科学省は公立の学校(しかも義務教育である中学校ですよ)の授業内容に「干渉するな!」「介入するな!」「一切口を出すな!」ということなのかもしれませんが、それはそれで問題ではないでしょうか?

 

また、ご本人には過去のことを引きずり出すような話しで申し訳ないですが、前川さんは、文部科学省のお役人(公務員)の天下り斡旋(これ自体、国家公務員法に違反していることです)で停職処分を受けた人ですよね?

 

そして、歌舞伎町にある、いわゆる出会い系バーに公用車で週に数回のペースで通い、貧困調査という名目で女性を店外に連れ出してお小遣いをあげるなどしていた人ですよね?(貧困調査という言葉はご本人の口から出たものです)

 

そういう人が中学校に招かれて授業をすることに、何の疑問も感じないというほうが変ではないかと思いますが…。自分だったら、「そのような人をなぜ招いたの?」と思いますけどね。

 

まあ、そういう考えのほうがおかしいと感じる方もいるだろうとは思いますが、そこにお子さんを通わせている親御さんだったら、何を話したのかくらいは気になると思います。

 

 

さて、そんな前川さんですが、ネットの中では、数年前から前川さんがSNS(Twitter)を利用していたのではないか…といったことが話題になっているようですね。

 

「右傾化を深く憂慮する一市民」というペンネームのTwitterアカウントが、前川さんのものではないかと言われています。なんでも、そのペンネームでの「つぶやき」の内容が、前川さんの行動と一致するのだとか…。

 

もちろん、前川さんはこの件について否定も肯定もしていないようですので、あくまでも「そう言われている」ということですけどね。

 

ちなみに、「右傾化を深く憂慮する一市民」さんが、どんなことをつぶやいていたのかを見てみると…。

 

20180323a

 

20180323b

 

まあ、「右傾化を深く憂慮する一市民」というだけあって、世間から「右寄り」と言われている方のことは嫌いなようです。でも、安倍さんはリベラルだと思うのですが…。あくまでも、世界から見れば…ということですけど。

 

また、これ以外にも似たような内容のつぶやきがありました。つぶやきの日時からすると、恐らく事務次官になる前ですね。何とか審議官とか、そういった役職の頃のつぶやきだと思います。

 

あくまでも「右傾化を深く憂慮する一市民」が前川さんのアカウントだとしたら…ということですけどね。ただ、もし仮にそうだったとしたら、この投稿を見る限り、少なくとも公立の中学校の講師として相応しい人とは思わないですね。

 

中央官庁のお役人という仕事柄、いろいろなストレスがあったのだろうと思いますし、その憂さを晴らすためにつぶやいていたのかもしれませんが、そんなことをして虚しさを感じることはなかったのでしょうか…。

 

あくまでも「右傾化を深く憂慮する一市民」が前川さんのアカウントだとしたら…ですけど。

 

しかしまあ、天下り問題が発覚してから前川さんが文部科学省を辞めるまでの間、前川さんに対する野党の攻撃は酷かったですよね。そして、前川さんが政権批判をした途端に、今度は前川さんを人格者として祭り上げています。

 

敵の敵は味方ということかもしれませんが、こうした場当たり的な対応はやめたほうが良いと思いますね。

 

 

« 「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という不審なメール | トップページ | お花見を楽しんで帰りに一杯 - 桜の季節(2018) »

「日記」カテゴリの記事