« 結局、当事者のサラリーマンが置いてけぼりになった | トップページ | 新たな森友疑惑?財務省の決裁文書「書き換え」問題 »

2018/03/06

共生の能力が足りない?「かめの中のカニ」という韓国の諺の話し

 

先週の話しですが、韓国で行われた三・一独立運動の記念式典の席上、文大統領が挨拶の中で慰安婦や竹島の問題に触れたそうですね。何でも、「日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義を直視しなければならない」のだそうです。

 

一応、(日本語に翻訳された)挨拶の全文を読んでみましたが、多くの日本人には理解できない内容だと思いました。ほんの一部ではありますが、以下に引用します。

 

尊敬する国民の皆さん、海外同胞の皆さん、3.1運動の99周年です。

(中略)

独島は日本の韓半島侵奪の過程で最も先に強制占領された私たちの土地です。

(中略)

慰安婦問題の解決においても加害者である日本政府が「終わった」と言ってはいけません。

(中略)

日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義を直視しなければなりません。

(中略)

大韓民国は世界で最も偉大で美しい国となるでしょう。

 

ということで、いつもの通りと言えばそれまでなのですが、こうした主張をいつまで続けるつもりなのでしょうね。国同士の約束すら守れない国が「偉大で美しい国」になるとは思えませんが…。

 

また、慰安婦問題は、日韓合意によって「最終かつ不可逆的な解決」となったわけですから、「終わった」と言っても問題ないはずです。むしろ、「終わらせない」と言わんばかりの言動のほうが問題ではないでしょうか。

 

ちなみに、この問題の発端を作った朝日新聞は何か書いているだろうか…と思って記事を検索してみましたが、こちらも相変わらずでした。

 

「合意の順守を求めるのは当然だが、一方で、ことさら合意を盾に歴史問題の論議を封じようとするのは適切ではない」

「合意は、国際社会での互いの非難を控えることをうたっているが、それは史実について一切持ち出さないという取り決めではない」

 

といったことを社説に書いていますね。元はと言えば…と、これも言っても仕方がないかな…。国内では記事を訂正したものの、英語版では未だに強制性があったかのような表現を使っていますからね。

 

 

さて、そんな韓国ですが、先日、韓国の日刊紙の一つである朝鮮日報のサイトに、「韓国人の恥ずべき習性」という見出しのオピニオン的な記事が出ていたので読んでみました。(日本語の記事でしたが現在は削除されているようです)

 

その記事によれば、韓国人の恥ずべき習性を風刺した諺(ことわざ)に、「瓶の中の蟹(かめの中のカニ)」というものがあるそうです。

 

かめの中に何匹かのカニを入れてみるとわかりますが、外に出ようとするカニがいても、かめの中で暴れ回るだけで結局は一匹も外には出られませんよね?

 

先に這い上がろうとしたカニを、その後ろにいるカニが引っ張るからですが、こうしたところが韓国の悪しき習性なのだ…ということです。また、

 

「われわれは世の中に放り出された時に、自分で成功することよりもまずは同業者や隣人を踏みにじろうとする」

 

といったことも書かれていましたね。韓国人は、互いに協力し合う(共生する)ことがなかなかできない…といった話しです。

 

まあ、実際に記事の通りなのかはわかりませんが、日韓関係を見ていると、「お互いに遠慮する」といったことや「お互い様にする」など、日本人には当たり前のことが通じないような感じはしますよね。

 

また、そう考えると、「共生の能力が足りない」といった話しも、それほど違ってはいないかな…という気もします。仮にその通りであれば、無理して(疲弊してまで)仲良くすることもないのかな…。

 

■ 2018.3.7 追記

 

韓国のソウル中央地検が、李明博元大統領(76)を在職中の収賄容疑などで取り調べる方針を決め、出頭を求めたという報道がありました。

 

李元大統領には、情報機関の国家情報院からの不正資金への関与など、約10億円以上の収賄疑惑が浮上しているとのことです。

 

また、検察は事実関係究明のための資料を十分集めているそうで、李元大統領が取り調べで否認しても逮捕状を請求する可能性が高いそうです。

 

朴前大統領に引き続き李元大統領も逮捕されるのでしょうか…。韓国では大統領になると逮捕される?

 

 

« 結局、当事者のサラリーマンが置いてけぼりになった | トップページ | 新たな森友疑惑?財務省の決裁文書「書き換え」問題 »

「日記」カテゴリの記事