« 財務省の決裁文書問題で高齢層・女性・無党派層が「安倍離れ」? | トップページ | 世界に広がるコリア・ファティーグ(韓国疲れ) »

2018/03/13

大山鳴動して鼠一匹?財務省が「決裁文書についての調査結果」を公表

 

社民党のサイトに、財務省が作成した「決裁文書についての調査の結果」という文書がアップロードされていたので読んでみましたが、「こんなに書き換えちゃったの?」というくらいの「書き換え」がありました。(調査結果:PDF)

 

ただ、書き換えられていた部分はすべて調書の部分で、かつ、金額などの重要な部分はそのままでしたので、少なくとも、決裁文書の法的な効力に影響するような「書き換え」とは言えないような気がします。

 

公的な文書の書き換えではありますが、起訴されるような話しでも無いような…。朝日新聞が「改ざん」ではなく「書き換え」としたのも、そうした理由ではないかな…。(素人の感想です)

 

また、「書き換え」の理由は、「名前があった」だけで「関与した」と言い出すような野党議員への対応が面倒だから…ではないかという気がしますね。当時の理財局長の答弁も、本来であれば「訂正」で済んだ話しだったと思います。

 

ただ、森友学園の件を担当した近畿財務局の職員の方は、かなり苦労されたのではないかと思います。地下から予想外のゴミが出てきてことで、相手が損害賠償をちらつかせてきたわけですし…。

 

でも、政治家の名前が出てきても、「価格についてはどうにもならない」と回答するなど、断るべきところはしっかりと断っていたようですので、少なくとも、政治家への「忖度」は無かったのだろうと思います。

 

ということで、森友問題とは、報道されているような安倍首相らの関与云々の話しではなく、想定外のゴミにクレームがついたあたりから面倒なことになってしまった地方の案件の話し…だったのではないかと思います。

 

事前の騒ぎばかりが大きくて、実際の結果が小さいことを「大山鳴動して鼠一匹」と言いますが、今回の「書き換え」問題については、そんな印象を受けますね。朝日新聞や野党は、こんな話しで大騒ぎしていたのかと…。

 

 

■ 政治家の話しが出てくる部分

 

鴻池議員の秘書から、「籠池理事長が、本件土地について購入するまでの間、貸付けを受けることを希望しており、大阪航空局に直接相談したい」との要請を受けた。

 

平沼議員の秘書が、「近畿財務局から森友学園に示された概算貸付料が高額であり、何とかならないか」と財務省に相談した。

 

といった話しや、「森友学園への議員等の来訪状況」として、与野党の国会議員や首相夫人の名前が書かれていた部分がありました。

 

また、籠池氏は、日本会議という任意団体の設立に呼応して設立された日本会議大阪という任意団体に関与している。日本会議と連携する組織に、安倍首相や麻生財務相らが役員をしている日本会議国会議員懇談会がある…といった話しもありましたね。

 

このうち最初の2つの話しは、いわゆる「政治家の口利き」ですが、これらはよくある話しで、これがダメとなったらほとんどの議員がダメということになってしまうと思います。

 

ということで、これらからすると「森友問題への政治家の関与」ということは無く、「俺は偉い人と知り合いだぞ」と言って政治家の名前を使って取引を有利に進めようとしていた人がいた…ということではないでしょうか。

 

■ 安倍昭恵氏の話しが出てくる部分

 

(森友学園との打ち合わせの席で)「安倍首相夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」との発言あり。(理事長夫妻と首相夫人が並んで写っている写真を提示)

 

産経WESTオンラインの記事の中に、「安倍首相夫人が森友学園に訪問した際に、学園の教育方針に感涙した」旨が記載される。

 

という2つの話しがありました。(「森友学園への議員等の来訪状況」の話しを入れると3つ)

 

ちなみに、「いい土地ですから…」の話しについては、籠池さんが証人喚問で、「『いい田んぼができそうですね』ということでありました」と、全く違った証言をしていました。

 

これらからすると、とても「森友問題に昭恵夫人が関与」とは言えないと思います。一部のメディアは、「昭恵氏の名が削除」ということだけを報道していますが、これは単なる印象操作ですね。

 

 

■ 亡くなった近畿財務局の職員の方について

 

読売新聞の記事によると、亡くなった職員の方は、生前、

 

・「(仕事に関して)常識が壊れた」

・「異動できると思って頑張っていたが、かなわず残念」

・「職場復帰を考えているが、心と体がついていかない」

 

といった話しをされていたようです。

 

残された遺書には、国有地売却の話しも決裁文書の書き換えの話しも無かったということですが、森友学園からのクレーム処理で苦労したことに続き、国会で騒ぎになったことでも苦労していたとしたら気の毒ですよね。

 

また、ひょっとしたら決裁文書の「書き換え」に関わらされていたなどの事情があったのかもしれません。実際、その関係のメモが残っていたという報道もありますし…。

 

■ 森友問題の不思議なところ

 

この財務省の文書を読んでみて改めて不思議に感じたのは、小学校の建設用地すら購入できない可能性があった森友学園に対して、「なぜ大阪府から設置認可が出たのか」ということです。

 

籠池さんが証人喚問で、「松井一郎知事にはしごを外された」と発言したのも、この関係で何かあったから?と思ってしまいますね。認可までの詳細な経緯を知りたいです。

 

■ 内閣は総辞職するべき?

 

決裁文書の「書き換え」問題については、今のところ財務省の話しだと思いますので、安倍首相はもちろんのこと、麻生財務相も辞めずにいたほうが良いのではないでしょうか。

 

内閣の関与があったならまだしも、そうでなく官僚が起こした問題で内閣が変わってしまうような前例を作ったら、政治主導ではなく官僚主導になってしまいますよね。

 

■ 2018.03.14 追記

 

野党の審議拒否が続いているようです。審議拒否の理由は、政府・与党が前理財局長を国会に招致するなどの打開策を出さないからだそうですが、いっそのこと、このままずっと審議拒否で良いのではないですかね?

 

森友問題に関する野党の質問は、「疑わしいから潔白を証明しろ」の繰り返しで意味がないと思います。

 

20180314

 

審議拒否しているからでしょうか、こんなことをSNS(Twitter)でつぶやく時間はあるようですね。これは「昭恵氏は人殺し」と言っているに等しい発言ですが、国会議員がそんなことを言って良いのでしょうか?

 

ちなみに、野党の皆さんがいう「共謀罪」を審議していた頃、SNSなどの『いいね』も「監視される社会になるぞ!」と言って騒いでいた人たちがいましたが、実際にそういう社会になったようですね。

 

法案に反対していた人たちがそういう社会を作ったことは想定外ですが…。

 

■ 2018.03.16 追記

 

決裁文書に「日本会議」の話しが出ていたことについて、当事者の日本会議がコメントを出していますね。

 

それによれば、この話しが問題になるよりも前に「日本会議を退会していた籠池氏が『日本会議大阪代表・運営委員』という虚偽の役職を記載した名刺を財務省関係者に配布していた」ということです。

 

この件に日本会議は関係ありません…という話しですね。

 

 

« 財務省の決裁文書問題で高齢層・女性・無党派層が「安倍離れ」? | トップページ | 世界に広がるコリア・ファティーグ(韓国疲れ) »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他