« 共生の能力が足りない?「かめの中のカニ」という韓国の諺の話し | トップページ | 「安倍政権打倒」という政治的な目的で振り回される国会 »

2018/03/07

新たな森友疑惑?財務省の決裁文書「書き換え」問題

 

朝日新聞のスクープということで良いのでしょうか?

 

報道によれば、森友学園との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあるようだ…とのことですが、本当にそうなのでしょうか?

 

書き換え前と書き換え後の二つの文書が一枚の写真に写っている…ということであれば「疑惑」ではなく公文書偽造などの「犯罪」だと思うのですが、そういう話しでもないですよね?(だから書き換え「疑惑」なのでしょう…)

 

報道の内容を見ても、「書き換えの疑い」とか「複数の関係者によれば」とか、「内容に違いがあることがわかった」といった感じで、歯切れが悪いというか説明不足というか、何とも言えない感じがします。

 

朝日新聞は、書き換え前の決裁文書と書き換え後の決裁文書の二つを入手した上で記事にしたのか、入手してはいないものの、それらの文書を誰かに見せてもらって記事にしたのか。あるいは、複数の関係者から話しを聞いただけで記事にしたのか…。

 

また、決裁文書そのものを書き直したのであれば大問題ですが、決裁文書の下書きのようなものと決裁文書で内容が異なるということであれば、何の問題もない話しですよね?

 

 

といった感じで、気になるところが多いです。何しろ、朝日新聞の記事ですからね。記事を書いた記者の方には申し訳ないですが、記事の内容を信じて良いか迷いますよ。

 

特に森友関係では、以前にも誤報がありましたからね。森友学園側の話しを鵜呑みにして、小学校の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」の文言があると記事にしてみたものの、結局は間違いでした。

 

この朝日新聞の誤報によって、国会でどれだけ無駄な審議時間が使われたことか…。

 

今回の件では麻生財務大臣も、「(捜査に関する影響に配慮しつつ)全省挙げて文書の確認、職員への聞き取りなどの調査を進めていきたい」といった感じのようなので、安倍晋三記念小学校ときよりはまともな話しになりそうですが…。

 

ただ、「焦点の決裁文書は大阪地検にあるので原本がない」といった話しもあるようなので、調査といってもどこまで調べられるのかは不透明ですね。大阪地検にお願いしたら、原本を出してもらえるのでしょうか…。

 

しかしまあ、森友問題っていつまで続くのでしょう。「問題があれば辞任する」と言って野党に期待させてしまった首相にも責任があると思いますが、攻めきれないテーマで攻め続けている野党の責任も大きいですよね。

 

森友問題と同じ時期に騒いでいた加計問題のほうは、ニーズが無いと言っていたところに入学希望者が集まってしまったので追及できなくなってしまいましたけど、そうならなければ、これも騒ぎ続けていたでしょうし…。

 

ただ騒ぐだけの野党なんていらないのですけどね。

 

 

« 共生の能力が足りない?「かめの中のカニ」という韓国の諺の話し | トップページ | 「安倍政権打倒」という政治的な目的で振り回される国会 »

「日記」カテゴリの記事