« 4日は名護市長選挙の投票日…何でもありの沖縄の選挙戦 | トップページ | のんびりした一週間だったけど退屈な一週間でもあった »

2018/02/04

おしゃべり天才ペット!初代ファービーとゲームをして遊ぶ

 

ふとしたきっかけで我が家にやってきたファービー(初代)ですが、ゲーム機能がついていまして、たまにそれで暇つぶしをしています。

 

このファービーは、平成11年(1999年)にトミー(当時。今のタカラトミー)が販売した玩具ですので、ゲーム機能とはいっても子ども騙し程度のものですけどね。

 

Furby180202a

 

一応、3種類のゲーム機能がありまして、それぞれ、特定の順序でファービーに刺激を与えることで動作するようになっています。

 

今の玩具なら、人間の声を認識して(音声認識機能で)動作するところだと思いますが、当時はそんな機能もありませんからね。

 

ということで、以下の通り、操作方法などをまとめてみましたが、このうち大人でも楽しめるのは、最初にある「ファービーがいう!」ゲームだと思います。

 

ファービーが言う通りに(言う順序で)人間が操作する…というゲームで、遊ぶ人の記憶力が試されるものですので、ボケ防止になるかも…。

 

また、残りの2種類のゲームは、小さい子どもが喜びそうな内容です。「ファービーとかくれんぼ!」ゲームのほうが面白いかも…。

 

Furby180202b

 

■ 「ファービーがいう!」ゲーム

 

ファービーがしてほしいことをしゃべるので、その通りに行動(操作)するゲームです。

 

ファービーを左右に1~2回ゆらして、ゲームをしたいことを知らせます。

おなかを押します。

背中を押します。

手をたたきます。

顔をおおいます。

ファービーが「キイテ」(聴いて)と言うとゲームが始まります。

 

ファービーが「ナデナデシテ」「コチョコチョ」「ヒカリ」「オト」の4つの単語をランダムに話しますので、それぞれに該当する操作をします。

 

ナデナデシテ … 背中を押す

コチョコチョ … お腹を押す

ヒカリ … 顔を手で覆う

オト … 手を叩いて音を出す

 

正解すると、ファービーが話す単語の数が一つずつ増えていきます。

 

ゲームをやめたいときは、ファービーを逆さにします。すると、ファービーが「ボク、オシマイ」と言ってゲームが終了します。

 

 

■ 「ファービーに聞いてみよう!」ゲーム

 

質問したことにファービーが「ウン」(はい)・「ナイ」(いいえ)・「タブンネ」(たぶん)で答えてくれます。

 

顔をおおいます。

顔をおおいます。

背中を押します。

ファービーが「オー・トゥー・マァ」と言って準備ができたことを知らせます。

 

「はい」か「いいえ」で答えられるような質問をすると、ファービーが「ウン」(はい)・「ナイ」(いいえ)・「タブンネ」(たぶん)のどれかで答えてくれます。

 

質問の内容を理解しているわけではなく、人間の声(音)に反応しているだけですけどね。

 

ゲームをやめたいときは、ファービーを逆さにします。すると、ファービーが「ボク、オシマイ」と言ってゲームが終了します。

 

Furby180202c

 

■ 「ファービーとかくれんぼ!」ゲーム

 

物陰などに隠れたファービーを見つけるゲームです。

 

顔をおおいます。

顔をおおいます。

顔をおおいます。

お腹を押します。

ファービーが「カクシテ」と言って準備ができたことを知らせます。

 

1分間以内にファービーを隠します。

 

隠れているファービーは、自分を見つけてもらえるように音を出しますので、その音を頼りにファービーを探します。

 

3分間以内にファービーを見つけます。見つけた場合は、ファービーを抱きかかえてあげます。そうすると、ファービーがダンスをします。

 

見つけてもらえないと「ナゥ・ナゥ・ナゥ」と鳴きます。

 

ゲームをやめたいときは、ファービーを逆さにします。すると、ファービーが「ボク、オシマイ」と言ってゲームが終了します。

 

 

« 4日は名護市長選挙の投票日…何でもありの沖縄の選挙戦 | トップページ | のんびりした一週間だったけど退屈な一週間でもあった »

「初代ファービー」カテゴリの記事