« 確定申告初日に納税者の怒りの一揆が発生したらしい… | トップページ | 「竹島の日」に来日して抗議活動をする韓国の人たち »

2018/02/21

都合のいい事柄を強調して都合の悪い事柄を隠蔽するカードスタッキング

 

先週の時事通信の記事ですが、韓国の外務省が、日本の学習指導要領案に対して即時是正を求めてきたようですね。高校学習指導要領改定案に、「島根県の竹島はわが国固有の領土」と明記したから…というのがその理由だそうです。

 

こういうことを言うと「差別」だとか「ヘイト」だとか言われそうですが、「盗人猛猛しい」というのは、こういう時に使う言葉だと思いますね。

 

「(日本は)不当な主張を繰り返した」「日本の未来の世代に誤った領土観を植え付ける(ことになる)」「両国の未来志向的関係発展にも否定的影響を及ぼす」というのが韓国の主張のようですが、すべて無視で良いのではないでしょうか。

 

竹島の問題は、韓国による日本の主権侵害事案です。戦後の混乱に乗じて竹島を不法占拠しただけでなく、日本の船舶の拿捕や日本人の船員の抑留まで行い、そのせいで日本人に死傷者が出ていますからね。

 

まあ、教科用図書検定基準の中に「近隣諸国条項」を定めている日本も相当おかしいと思いますが、それを良いことに言いたい放題の韓国も相当おかしいと思いますよ。

 

近隣諸国条項とは、「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに、国際理解と国際協調の見地から必要な配慮がされていること」という規定のことですが、こんなことを定めているのは日本くらいだと思います。

 

そして、この条項ができたきっかけは、文部省(当時)が高校の日本史の教科書の「侵略」という表現を「進出」に書き直させた…とメディアが誤報し、それを中国と韓国が外交問題にしたことです。

 

その騒ぎを穏便に済ませようとして、宮沢内閣(当時)が検定基準を改めると言ってしまったのですよね。朝日新聞の誤報で始まった慰安婦問題と同じ流れなのですよ。

 

そして、それから30年して安倍内閣になった際、この「近隣諸国条項」を見直すことになりました。

 

 

ちなみに、この件に関連して朝日新聞も次のような社説を出しているのですが、朝日新聞は大丈夫ですかね?

 

「領土問題に関する書きぶりを見ても、たとえば『尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しないことも扱うこと』などとなっている」

「政府見解を知識として生徒に伝えることは大切だ。だが『これを正解として教え込め』という趣旨なら賛成できない」

 

ということです。

 

また朝日新聞は、これ以外にも以下のようなことを書いています。

 

「地理歴史の目標にも、日本国民としての自覚、我が国の国土や歴史に対する愛情を深めると明記された」

「これまでの『現代社会』を再編した新科目『公共』は目標に『自国を愛し、その平和と繁栄を図る大切さについて自覚を深める』をかかげる」

 

でも、実際の指導要領案は以下のようになっているのですけどね。

 

(地理歴史)「日本国民としての自覚、我が国の国土や歴史に対する愛情、他国や他国の文化を尊重することの大切さについての自覚を深める」

(公共)「自国を愛し、その平和と繁栄を図ることや、各国が相互に主権を尊重し、各国民が協力し合うことの大切さについての自覚等を深める」

 

一応、批判されても逃げられるように、「国際協調の大切さにも言及してはいる」とは書いてはいますが、実際は以下の文章をカットしています。

 

(地理歴史)「他国や他国の文化を尊重することの大切さについての自覚」

(公共)「各国が相互に主権を尊重し、各国民が協力し合うことの大切さについての自覚」

 

印象操作をするのに都合のいい事柄を強調し、逆に都合の悪い事柄を隠蔽することを「カードスタッキング」(プロパガンダの手法の一つ)と言いますが、この手法は朝日新聞の常套手段になっていませんかね?

 

 

« 確定申告初日に納税者の怒りの一揆が発生したらしい… | トップページ | 「竹島の日」に来日して抗議活動をする韓国の人たち »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他