« アメリカは「かつてなく厳しい独自の追加制裁」を発表する方針 | トップページ | フィッシング狙い?カード会社の利用明細メールを装った詐欺メール »

2018/02/10

韓国が北の外交戦略「通米封南」を後押ししている?

 

昨日が平昌冬季オリンピックの開会式でしたね。すっかり忘れていました。少し前には、ボランティアの宿舎でお湯が出ないとか、食中毒があったらしいといったことが話題になっていましたが、今は大丈夫なのでしょうか…。

 

また最近は、北朝鮮情勢よりも南北の友好ムードのほうが話題になっていますが、こちらも心配ですよね。北朝鮮は、民族運動を通じて韓国を揺さぶっているように見えます。このあたりは、昔から上手ですからね。

 

本来であれば、北の脅威に対しては韓国が一番敏感でないとおかしいと思うのですが、今の韓国にそういった雰囲気はあまり無いように感じます。これは、単にそういう報道が無いというだけなのか、本当に楽観的なのか、どちらなのでしょう?

 

ネット上では、平昌オリンピックの閉幕にあわせて文大統領が南北統一を宣言する…といった冗談を言う人もいますが、韓国では、祖国統一できるならそれに越したことはないと考えている人が多いのかな?

 

でも、さすがに今の状態で南北統一は無理だと思いますし、もし仮に、そういった話しが具体的な動きとともに出てきたとしたら、韓国でクーデターが起こって文政権が倒されてしまうような気もしますが…。

 

まあ、隣の国とはいっても、よく分からないところばかりですので、この先どうなるかを考えても仕方がないのかもしれませんが、悪い結果にならなければ良いと思います。

 

 

例えば、先日も韓国の聯合ニュースというところが、「文大統領がトランプ大統領に米朝対話を打診した」といった記事を出しましたが、これなども少し気になる話しです。

 

よく、「対話と圧力」といったことが言われていますが、今回の報道にあった「米朝対話」が、圧力だけでなく対話も必要ではないか…ということであるなら一応は理解はできます。

 

でも、「韓国は朝鮮半島で唯一の政府」というのが韓国の立場だったと思いますし、アメリカも基本的には同じ考えのはずなので、それからすれば、米韓北の三者会談という話しになると思うのですが…。

 

北が米朝対話を望むのはわかります。これは、「通米封南」といって、昔からある北の外交戦略ですので。(通米封南とは、米国との実利的な外交を目指しつつも、それへの韓国政府の参加を封じるという北朝鮮の外交戦略です)

 

でも、韓国が「米朝対話」を勧めてはダメですよね。それでは、今までの韓国の立場を否定してしまうことになってしまいます。

 

それともう一つ。同じ聯合ニュースに、「文大統領の娘が、大統領選挙の後に正義党に入党した」という記事がありましたが、これも気になりました。正義党という政党は、韓国では極左政党と言われているらしいので…。

 

大統領としては「娘の選択を尊重」ということらしいのですが、本当に大丈夫なのかな…。入党時期が大統領選挙の後というのが気になります。まあ、気にしすぎかもしれませんけどね。

 

 

« アメリカは「かつてなく厳しい独自の追加制裁」を発表する方針 | トップページ | フィッシング狙い?カード会社の利用明細メールを装った詐欺メール »

「日記」カテゴリの記事