« インフルエンザの治癒証明書や電車の遅延証明書について | トップページ | 景気動向指数が過去最高水準でも我が暮らし楽にならざり »

2018/02/15

スリーパーセル(潜伏中の工作員)の話しをするのは差別なの?

 

テレビ番組に出演した学者さんが「スリーパーセル」の話しをしたところ、日本にいる韓国・朝鮮籍の人たちに対する差別ではないか…といった批判が殺到したらしいですね。

 

個人的には、「差別」という言葉を聞いたら要注意…と思っているので、これに関連するニュース記事などを読んでみたのですが、案の定と言いますか、どのあたりが差別なのだろう…といった印象でした。

 

スリーパーセルとは、一般の市民を装って潜伏している工作員やテロリストのことですが、この学者さんは番組の中で、北朝鮮問題に関連してスリーパーセルの話しをしたようです。

 

また、その話しは、「戦争になったら東京や大阪などの大都市にいるスリーパーセルが活動すると言われている」といった趣旨のもので、自分が調べた限り、差別と思えるような言動はありませんでした。

 

ただ、どういうわけか、この話しを日本にいる韓国・朝鮮籍の人たち(約60万人くらいですかね?)に結びつけて、その人たちに対する「差別」だと批判している人たちがいるのですね。すごく不思議です。

 

もう何年も前の話しになりますが、国会で特定秘密保護法が議論されていたときには、スパイを防止する法律がない日本は「スパイ天国」と言われている…といった話しがありました。

 

 

そして、拉致事件が話題になったときにも、日本の国内に協力者がいた…といった話しがありましたし、実際、そういう人がいなければ拉致事件は起こせなかった…とも言われていました。

 

これらの話しからすれば、日本国内(の特に大都市)に、日本にとって不利益になる活動をしている人たちがいるという話しは間違っていないと思いますし、それをテレビ番組の中で発言したことの何が問題なのかと思います。

 

また、ヨーロッパなどでは以前からテロ事件が起こっているわけですし、今は朝鮮半島情勢も緊迫しているわけですから、日本もテロや破壊活動に注意しておくのは当然だと思うのですよ。

 

実際、過去には拉致事件も起こっているわけですし、2年前にも、国内に火薬を持ち込んで靖国神社で爆破させるという事件が起こっていますからね。これから先、これと同じようなことが起こっては困るわけです。

 

そうならないように、議論しておくべき話しはしっかり議論しておいたほうが良いと思いますけどね。

 

 

追記

 

忘れていましたが、2年前には「北朝鮮の乱数放送が再開された」という報道がありましたね。乱数放送とは、日本や韓国での工作活動や拉致などの具体的な指令を暗号にして伝えるラジオ放送のことです。

 

平成12年(2000年)の南北首脳会談をきっかけにいったんは廃止されたましたが、それが平成28年(2016年)に復活したのですよね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« インフルエンザの治癒証明書や電車の遅延証明書について | トップページ | 景気動向指数が過去最高水準でも我が暮らし楽にならざり »

「日記」カテゴリの記事