« 希望の党と民進党が統一会派の結成で大筋合意したらしいけど… | トップページ | 騒ぐだけ騒いで、あとはほったらかしのメディア »

2018/01/18

SNSでの発言をめぐり大阪府知事が新潟県知事を訴える

 

大阪府知事で日本維新の会代表の松井さんが、新潟県知事の米山さんを名誉棄損で訴えたそうですね。米山さんがSNS(Twitter)で松井さんのことを批判したのが、この騒動のきっかけのようです。

 

松井さんは、「事実でないことを掲げて人を馬鹿にしており、反省してもらうために提訴した」そうで、これに対して米山さんは、「そう取る余地があるとしても、公党、政治家として当然、受けるべき批判だ」とコメントしているようです。

 

米山さんは、医師であり弁護士であり政治家であり…という華麗な経歴の持ち主で、非常に優秀な方なのだろうと思いますが、その一方で、Twitterの発言は注目されることが多いように感じますね。

 

確か昨年の夏ごろにも、評論家の石平さんのことについてTwitterで触れ、その発言が話題になっていたと思いますし、その前には、元大阪市長の橋本さんともTwitter上で言い合いになっていたと思います。

 

まあ、どれもご本人なりの考えがあっての発言だと思いますし、表現の自由ということなのかもしれませんが、知事という公人の立場でする発言ですからね。個人的には、揉め事になるような発言は控えたほうが良いのではないかと思いますが…。

 

ちなみに、この話しとは別の話しですが、高須クリニック院長の高須さんもTwitter絡みで裁判をするらしいですね。何でも、Twitter上で高須さんのパートナーのことを「慰安婦」と言った人を名誉棄損で訴えるのだそうです。

 

この発言があった際、最初は高須さんが相手に対して謝罪を求めていたようなのですが、それに対して相手はが「やるのか?」といった感じで挑発していたようで、それなら裁判で…ということになったようです。

 

これ以外の詳しい事情がわかりませんので何とも言い難いのですが、行き過ぎた発言はトラブルの元ですよね。それに、謝罪するタイミングを間違えるのも、問題を大きくする原因になるだけだと思います。

 

この件については、謝罪を求められたときに素直に謝罪しておけば良かったのではないかと思いますけどね。そうすれば裁判にならずに済んだかもしれませんし…。この人は、なぜそこで挑発するようなことを言ってしまったのだろう?

 

ネットという場所は、気楽に発言できる一方で、いろいろな人の目がある場所ですから、何がきっかけで騒ぎになるかわかりません。それだけに、発言するときには注意が必要だと思いますけどね。

 

 

« 希望の党と民進党が統一会派の結成で大筋合意したらしいけど… | トップページ | 騒ぐだけ騒いで、あとはほったらかしのメディア »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他