« 合意は破棄せず白紙化します?破棄と白紙化は何が違うの? | トップページ | 東京都美術館でゴッホ展(巡りゆく日本の夢)を鑑賞 »

2018/01/06

耳鳴りは地震の前兆?地震と耳鳴りの関係はある?

 

今日は関東地方でやや強い地震がありました。地震情報によると、発生時刻は午前0時54分頃で、震源地は千葉県北西部だったそうです。また、マグニチュードは4.8、震源の深さは約80キロメートルで、東京23区などでは震度4を記録したようですね。

 

さて、ここからが本題なのですが、地震と耳鳴りの関係性はあるのでしょうか。実は、2日前の4日の夜のことですが、耳鳴りがひどくてなかなか寝付けなかったのですよね。日ごろから気にならない程度の耳鳴りはあるものの、それとは比較にならないくらいだったので、少し気になっていました。そして、今回の地震です。

 

また、こうしたことは過去にも何回かあったので、何となくですが、地震と耳鳴りは関係しているのかな…と感じているのですよね。まあ、人間の脳の癖?として、「印象に残ることが二回続くと両者に因果関係を感じる」というものがありますから、その類と言われればそれまでですが…。

 

ということで、「地震」と「耳鳴り」をキーワードにネットで検索してみたのですが、そこそこの件数の検索結果が表示されました。その中からいくつかの記事を読んでみましたが、耳鳴りは地震の前兆と感じている人も、それなりにいるようですね。

 

また、ちょっと面白いな…と思ったのは、「地震の起こる方角に耳を向けると耳鳴りがするという人がいる」という話しがあったことですね。「耳鳴り」は症状ですので、外界の音を聞いているわけではないのですが、それが耳を向ける方向によって変化するなんてあるのだろうか…。

 

そして、「地震耳」(記事を書いている人の造語だと思います)の人がいる…といった話しもありました。まあ、地震に対して耳が反応しているとすれば、それは「地震耳」と言っても良いかな…とは思います。

 

よく「嫌な予感がした」といった話しがありますが、そういった感覚が、ここでいう「地震耳」のような能力?で起こっているとしたら…と考えると、人間の中には、ある種の予知能力を持っている人がいる…といった話しにもなりそうですし…。

 

また、これ以外では、「電磁波」と「耳鳴り」の関係性に触れている記事がありました。大きな地震が起こる前には(夜空に謎の光が輝くなどの)「発光現象」の目撃談が増える…という話しがありますが、その原因は、地震の前に地下で発生する岩石破壊によって生じる電磁波ではないか…という話しがあるそうです。

 

それが事実であって、かつ、人間の耳も電磁波に反応する…ということなら、地震と耳鳴りの関係も説明できそうですし、耳鳴りは地震の前兆…という説も証明できそうですね。

 

あるいは、地震の前に地下で異なる断層同士がぶつかり合う際に低周波が発生するのではないか…という説もあるようで、そうした低周波を人間が耳鳴りとして感知しているのではないか…といった話しもありました。

 

まあ、これらの話しの中に正解があるのかどうかはわかりませんが、昔から地震が起こる前には「なまず」が反応するといった話しもありますので、地震に対して動物が反応するという話しも、同じように人間が反応するという話しも、肯定はできないまでも否定もできないかな…と思いますね。

 

 

ちなみに、地震の前兆と言われているものには、以下のようなものがあるそうです。

 

・動物が日ごろとは違った行動をする

・地震雲が見える

・地鳴りがする

・井戸の水が枯れたり水位が変化する

・テレビの画面にノイズが入ったりラジオに雑音が入る

・時計が止まったり時刻がずれる

 

最近はTwitterなどのSNSが発達していますので、何かあると(写真つきで)すぐに情報が広まりますが、この中にある「地震雲」についても、そんな感じで広まることがありますよね。

 

ただ、地震雲に科学的根拠があるのか…といえば、微妙ではないかと思います。そもそも、雲は大気中の現象で、地震は地中の現象ですし…。まあ、雲が地形の影響を受けているのは事実でしょうけど…。

 

それに比べると、テレビの画面のノイズやラジオの雑音のほうが、地震で電磁波が…という話しと関連していそうですし、その意味ではわかりやすいかな…。

 

でも、そうした現象は、テレビやラジオの近くにある別な電化製品が原因で起こることもありますからね。むしろ、そういうことのほうが多いと思います。広範囲で起こった…といったことでないと、関連性があるとは言い難いかな…。

 

また、地鳴りも微妙ですよね。地震雲と同様、地鳴りの話しもSNS経由で広まることがありますが、大抵の場合は地鳴りではなく、飛行機などのエンジン音などではないか…という話しですし…。

 

ただ、それが異なる断層同士がぶつかり合う際に生じた低周波である…ということであれば、前兆であると言えなくもないかな…。でも、その低周波というのは耳に聞こえるものなのかな…。

 

ということで、大地震が予知できるに越したことはないが、今のところ確実に予知できる方法はない…ということですかね?

 

 

« 合意は破棄せず白紙化します?破棄と白紙化は何が違うの? | トップページ | 東京都美術館でゴッホ展(巡りゆく日本の夢)を鑑賞 »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他