« あなたの会社の大雪への対応や判断は正しかった? | トップページ | 看護師さんは職業倫理的(看護倫理的?)に問題なし? »

2018/01/30

インフルエンザが流行しているようで…

 

インフルエンザが流行しているらしい…と聞いていたので注意はしていたのですが、注意していても罹るときには罹るものですね。

 

土曜日あたり何となく違和感があったのですが、日曜日の夜に寒気がしたので体温を測ってみたら38.5℃あり、月曜日の朝になっても下がらなかったので、すぐに病院に行って検査してもらいました。

 

病院では、鼻腔(鼻の孔の中)に綿棒らしきものを入れて検査をしたのですが、鼻の粘膜が弱っていたのか、少し痛みを感じましたね。そして結果は…インフルエンザ(A型)でした。

 

ただ、幸いなことに処方してもらった薬が効いたようで、月曜日の夕方には体温が下がり始め、食事も多少は食べられるようになり、今朝起きたときには平熱に戻っていました。

 

ちなみに、今回処方された薬は、「イナビル」という薬と「カロナール」という薬の2種類で、イナビルがインフルエンザ治療薬、カロナールが解熱や鎮痛の薬だそうです。

 

イナビルという薬は、粉末状の薬剤を口から吸入するタイプのインフルエンザ治療薬で、ホイッスルのような形状をした容器を口にくわえて、思いっきり息を吸い込むことで服用します。

 

この薬の良いところは、1回の服用で治療が完結することですね。薬局で薬を出しもらい、その場で吸入してきました。粉末ということで、吸引したあとに口の中がかすかに粉っぽくなりますが、気になるほどではなかったです。

 

ということで、すでに体調はほぼふだん通りに戻っているのですが、インフルエンザという病気の性質上、熱が下がってすぐに出勤というわけにはいかないので、今は家の中で休養中です。

 

病院でもらったプリントによると、発症日(発熱)を0日目として「(条件1)発症後5日間経過」かつ「(条件2)解熱後2日間経過」の両方の条件をクリアしてから外に出ましょう…ということなので、少しの間、お休みですね。

 

ちなみに、そのプリントにはインフルエンザの感染経路の説明もあって、それによると、感染者のくしゃみなどで感染する「飛沫感染」と、感染者が触れたものに触れて感染する「接触感染」の2つの経路があるということです。

 

インフルエンザの予防には「うがい」や「手洗い」を…というのも、こういう話しからなのでしょう…。でも、不思議なのは、最初の一人目がどうやって感染したかですよね?

 

まあ、一年を通して感染者がいて、常にどこかしらで感染が起こっている…というあたりが正解ということで良いのだろうとは思いますが、人類で一番最初にインフルエンザになった人は誰なのだろう…と、そんなことを考えてしまいました。

 

 

« あなたの会社の大雪への対応や判断は正しかった? | トップページ | 看護師さんは職業倫理的(看護倫理的?)に問題なし? »

「日記」カテゴリの記事