« SNSでの発言をめぐり大阪府知事が新潟県知事を訴える | トップページ | 大人しくしていると言いたい放題言われてしまうのですよね… »

2018/01/19

騒ぐだけ騒いで、あとはほったらかしのメディア

 

以下の写真は、福島県の地元紙を撮影したものですが、写っているのは「福島県産のすべてのお米について、放射性セシウム濃度を測定する全量全袋検査を実施したが、4年連続で基準値超えは無かった」といった内容の記事です。

 

20180116
福島県の地方紙から

 

こういった話しが、全国紙で大きく紹介されるようになると良いのですけどね。福島の原発事故の直後には大騒ぎしていたメディアも、今はもう関心が無いのかもしれません。話題になるのは、原発の再稼働くらいですよね?

 

ちなみに、この記事にある「全量全袋検査」は来年も行われるそうですが、これを実施する農家の負担は大きいと思います。そういったことも伝えるところがないと、ずっと今のままになってしまうような気がします。

 

また、福島の原発事故については、「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」という国連の組織から、「差し迫った健康リスクはない」といった内容の報告書も出ているのですが、こうしたこともあまり報道されません。

 

日本の悪口を言う「国連」については積極的に報道しているのに、こうした「国連」になると報道しなくなるのはおかしいですよね。報道してもらえれば、福島に対する印象もかなり変わると思うのですが…。

 

平成23年(2011年)3月に「東日本大震災」という災害が起こったのも、その数日後に福島原発に関連する災害が起こったのも事実ですが、自分は、それと同時にメディアによる「(報道)災害」も起こっていたと思いますね。

 

その結果、風評被害が発生して福島の人たちが苦しむことになったと思います。当時は、「福島の人たちは自分たちの近くに来ないでほしい」といった話しまでありましたからね。

 

最近、何かにつけて「差別、差別」と大騒ぎする人がいますが、こういうのを「差別」というのだろうと思います。

 

特にひどかったのが、原子炉建屋が水素爆発を起こしたときですよね。これを「原発が爆発」したかのような表現で伝え、大量の放射性物質で死者が出るといって大騒ぎしたメディアもありました。

 

その結果、大規模な避難が行われましたが、結局、報道で言われていたほどの被害はありませんでした。でも、寒い中を避難したことで亡くなった方が出てしまいましたよね。

 

これを「原発関連死」と言って、原発事故(放射能)と結びつけようとする人もいましたが、これは報道関連死で はないかと思いますよ。メディアが正しい情報を伝えていれば起こらなかったと思います。

 

今も、甲状腺がんの話しなどで不安を煽っているメディアがありますが、もうそういうことはやめたほうが良いと思いますし、当時騒ぐだけ騒いでいたメディアも、その過去を振り返ってみるべきではないかな…。

 

最近話題になっている福島原発のトリチウム水の海洋放出についても、それができないのはメディアの責任ですよ。国や東電に説明を求める前に、自分たちが正しい情報を報道したらどうかと思います。

 

 

« SNSでの発言をめぐり大阪府知事が新潟県知事を訴える | トップページ | 大人しくしていると言いたい放題言われてしまうのですよね… »

「日記」カテゴリの記事