« クリスマスを一人で過ごす「クリぼっち」たちは寂しいと感じていない? | トップページ | 生産性が低いなら「働き方改革」よりも「売り方改革」を! »

2017/12/21

セクハラなどのハラスメントを告発するメリットとデメリット

 

最近、「(セクハラなどの)ハラスメントの被害者は声をあげよう」といった呼びかけが広がりつつあるそうで、そうした声に背中を押されたのか、実際にいくつかの告発が行われているようですね。

 

一般に、パワハラやセクハラなどのハラスメントは、職場の立場関係などを利用して行われることが多いため、被害を受けても告発するのは難しいのですが、そうした中、「声をあげよう」といった動きが出てきたことは歓迎すべきことだと思います。

 

ただ、その一方、そうした「告発」に対する周囲の反応によって、告発者が勇気づけられるか、あるいは批判されてしまうかが決まるようなところもあるので、そのあたりは少し心配ですね。

 

例えば、ある告発に対して、告発者の周囲にいる人たちが被害者に「共感できる」と感じた。あるいは、その告発は「納得できる」と感じたなら、その人たちは告発者を応援してくれると思います。

 

逆に、被害者には「共感できない」とか、告発自体に「納得性がない」となったら、告発者に批判が集まってしまうと思います。例えば、「あなたに告発する資格があるのか?」といった感じですね。

 

実際、最近話題になった告発についても、そんな話しが出ていました。その告発は、大手広告代理店に勤務した経験のある女性が、その当時同僚だった男性のセクハラやパワハラを告発したものです。

 

この件については、加害者側の男性も謝罪の意思を示しているようですので、告発した内容に嘘があるといった話しではないようなのですが、被害者側の日頃の言動が原因で、被害者の女性に対しても批判の声があがっているのですよね。

 

何かしらの被害を受けた際、聖人君子でなければ被害を訴えることができないということはありませんし、その意味で「告発する資格」云々の話しは不要なのですが、必ずしも世間はそう思ってくれないということでしょう。

 

特に、インターネットのような広い空間で告発する場合、そうしたデメリットもあると思っていたほうが良いのかもしれません。そうした空間で誰からどのような感情が飛び出してくるかは、その場になってみないとわかりませんからね。

 

 

でも、この件もそうですが、セクハラという女性の口からはなかなか言い出しづらいであろうことを告発した勇気や、告発に至るまでにあったであろう相当な苦悩については、否定的に評価してはいけないと思います。

 

そういった評価が広まってしまうと、せっかく出てきた「声をあげよう」という動きが止まってしまうかもしれませんからね。勇気を出して告発したのに、告発したことでさらに嫌な思いをした…なんて、誰しも避けたいことですから…。

 

また、ハラスメント全般に言えることですが、何をもってハラスメントとするかも微妙といえば微妙で、そういったところも、この問題を難しくしている原因ではないでしょうか。

 

例えば、「指導」と「パワハラ」の境界とか、「軽口」と「セクハラ」の境界などがどこにあるかは、非常にわかりづらいですよね。一応、「悪質性」や「周囲に与える影響の度合」で判断するということにはなっているらしいですが…。

 

でも、結局は相手の受け取り方…ということになるのではないでしょうか。同じことでも、それほど感じないという人もいれば、かなり深刻に感じる人もいるわけですし…。

 

ただ、あまり相手の感じ方にウエイトを置いてしまうのも、それはそれで問題だろうと思います。それが職場であれば、「指導」もできない、「軽口」も言えない職場になってしまうかもしれませんからね。

 

ということで、当事者間で話しがつかないようなハラスメントであれば、インターネットなどではなく、法律家などの専門家を入れて話しをしたほうが良いかな…と思います。あるいは民事訴訟とか…。

 

専門家にお願いするにはコストがかかりますし、告発のハードルも上がってしまう可能性がありますが、インターネットでいらぬ批判を受けた場合のコストを考えれば、そのほうが合理的なのではないかと思いました。

 

 

« クリスマスを一人で過ごす「クリぼっち」たちは寂しいと感じていない? | トップページ | 生産性が低いなら「働き方改革」よりも「売り方改革」を! »

「日記」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

その他