« 公衆電話の設置台数の推移 - 平成29年版(2017年版) | トップページ | 今どき電話で連絡してくる人は「仕事ができない人」と言うけれど… »

2017/11/19

換気扇の油汚れを落とすにはアルカリ性の洗剤が良いらしいですが…

 

月日の経つのは早いもので、あっという間に11月の半ばです。今年も残り少なくなりましたね。もう少ししたら新年ですが、これでまた一つ歳をとるんだな…と思うと、ちょっと気が重くなります。

 

学生の頃は、早く歳をとって大人になりたいと思っていた時期もあったのですけどね。それが今では、「歳はとりたくないよなあ」という真逆な気持ちに変わりました。

 

50歳を過ぎるといろいろとあるもので、特に健康面は、気をつけているつもりでも何かしら悪いところが出てくるものですからね。まあ、「つもり」ではダメだということでしょうけど…。

 

と、それはさておき、今日は午後から換気扇の掃除をしました。年末のゴタゴタした中で大掃除をするのもなあ…ということで、こんな感じで週末を利用して少しずつ大掃除をしていこうと思っています。

 

換気扇の油汚れにはアルカリ性の洗剤が良いという話しなので、いつもスプレータイプのアルカリ性洗剤を使って掃除していますが、その話しの通り、確かに油汚れはよく落ちますね。

 

アルカリ性の洗剤ではなく、中性洗剤を使って「つけ置き洗い」みたいなことをするという方法もありますが、それに比べると手間も時間もかかりませんので、楽に掃除ができて便利です。

 

 

アルカリ性の洗剤は、汚れがよく落ちる分だけ素材も痛む…という話しも聞いたことがありますが、自分が使ってみた範囲では、今のところそういったところは無いですね。

 

老眼の自分には見えていないだけ…という可能性も無きにしも非ずですが…。

 

本当は、油汚れがひどくなる前に、中性洗剤で定期的に掃除をするのが良いのかもしれませんが、このやり方ですと、年に一回の掃除ではダメかもしれませんし、そうなると無精な自分にはちょっと無理かな…。

 

と、こんなことを考えながら掃除をしましたが、換気扇を掃除するついでに換気扇の周辺も少し掃除をしたので、一時間以上かかってしまいました。

 

そして、掃除の後はコーヒーを淹れてのんびりと過ごしました。やはり寒い時期には熱いコーヒーが一番ですよね。体も温まりますし、気分転換にもなりますし…。それに、コーヒーは健康にも良いらしいですからね。

 

例えば、コーヒーに含まれるカフェインには、眠気覚ましや利尿作用の他に、自律神経の働きを高める、集中力を高める、運動能力を向上させるなど、様々な働きがあるそうです。

 

また、コーヒーには、ワインやココアに含まれていると言われているポリフェノール(脂質の酸化を抑える健康成分として知られています)も含まれているのですよね。

 

もちろん、健康に良いからといって飲み過ぎるのは良くないですが…。ちなみに、適量の目安は1日に3~5杯程度だそうです。

 

 

« 公衆電話の設置台数の推移 - 平成29年版(2017年版) | トップページ | 今どき電話で連絡してくる人は「仕事ができない人」と言うけれど… »

「日記」カテゴリの記事