« 「鏡」と「仮我見」と「彼我実」(三つの「かがみ」の話し) | トップページ | NHKのような公共放送は必要?(公共放送の必要性や存在価値) »

2017/11/27

業務の見える化(可視化)・業務の属人化の解消(標準化)という課題

 

最近(でもないか…)、勤め先の偉い人たちが、「業務の見える化(可視化)」や「業務の属人化の解消(標準化)」といったことを言い出しまして、それらの課題に取り組んでいくことになりました。

 

まあ、こうしたことはある程度必要なのでしょうし、他の会社でも同様のことはやっているでしょうから、それを真似していけば良いだろう…といった話しになっているのですが、少し疑問に感じるところもあります。

 

まず、「業務の見える化(可視化)」についてですが、当然、仕事が「見えない」から、それを「見える」ようにしようということですよね。確かに、大企業のように部下が何百人もいます…といった状況であれば、「見えない」ということもあるのかもしれません。

 

でも、自分のところはさほど人数もいないので、これでなぜ仕事が「見えない」のか不思議なのですよね。「見えない」のではなくて、単に「見ていない」「見てこなかった」だけのような気がするのですが…。

 

また、「業務の属人化の解消(標準化)」については、「この人しかできない」仕事を「誰もができる」ように(実際は「他の何人かもできる」ように)しようということだと思いますが、これも確かにその通りだとは思います。

 

ただ、実際には「この人だからできる」といった仕事もあるわけですし、それが商売になっている部分でもあるので、何でもかんでも標準化すれば良いということでもないような気がしますけどね。

 

それに、これらの話しで大事なのは、「可視化や標準化を推進」することではなくて、それをすることになってしまった「原因」を探して解消することで「可視化や標準化を実現」することではないかと思います。

 

 

その場合、「では何が原因なのか」ということですが、自分が思うに、会社の上のほうで「業務の見える化(可視化)」や「業務の属人化の解消(標準化)」などと言っている人たちが「原因」ではないかと思うのですよね。

 

下で仕事をしている側としても、自分ひとりで仕事を負担するよりは、何人かで負担したほうが楽なわけで、実際にそうなるように、事前に手順を話し合ったりといった準備をしているわけです。

 

でも、必ずしもそうしたことが役立つわけではないのですよね。それはなぜかと言えば、いわゆる「鶴の一声」があるからです。そもそも、この「鶴の一声」自体が属人的なものだと思うのですけど…。

 

何らかの仕事について、偉い人の「鶴の一声」で準備してきたことが無駄になる。それでも(時間の無い中で)実現しようとすると出来る人が限られる。結局、出来る人にしかわからない状態になる…。

 

その一方、「鶴の一声」で積み重ねてきた準備を崩してしまった当事者の偉い人は、言った後のことに全く関心がない。自分の「鶴の一声」が何に影響したのかすら「見ていない」…。

 

こんなことを繰り返していたら、組織の大小に関係なく「見えない」「属人的」になってしまいますよね。これが「可視化や標準化を推進」しなければいけなくなる原因だと思います。

 

そして、その「鶴の一声」が大きければ大きいほど、上を見て仕事をする人が増えたり(権威主義)、仕事自体に関心がない、どこか白けているような人が増えたりと、良くないことが出てくるような気がしますね。

 

また、そうした状況に偉い人が気づけないと(気づけない人が多いような気もします)、不祥事などの、さらなる悪い事が起こってしまうのではないでしょうか。

 

 

« 「鏡」と「仮我見」と「彼我実」(三つの「かがみ」の話し) | トップページ | NHKのような公共放送は必要?(公共放送の必要性や存在価値) »

「仕事」カテゴリの記事