« アメリカは韓国を「信頼できない友人」と評価しているらしい | トップページ | 3万人もいれば、中には多少変わった人もいるでしょうね »

2017/11/12

高速道路で周回走行や迂回走行をすると料金はどうなる?

 

暇つぶしに動画サイト(Youtube)を見ていたのですが、世の中にはいろいろな人がいるものですよね。高速道路で周回走行をしたら利用料金はどうなるのか…といったことを試しているところを動画にしている方がいました。

 

その動画を見た感じですと、この方は、愛知県の豊川インターチェンジから東名高速の下り線に入り、同じく愛知県の豊田ジャンクションを経由して新東名高速の上り線に入ったようです。

 

その後、今度は静岡県の清水ジャンクションで東名高速の下り線に戻り、(最初に入った)豊川インターチェンジの一つ先にある音羽蒲郡インターチェンジで一般道に出たようですね。

 

結構な走行距離だったと思いますが、要は、豊川インターチェンジから隣の音羽蒲郡インターチェンジまでの(最短ルートの)料金になるのか、実際に走行した距離に応じた料金になるのか…ということを試してみました…ということですね。

 

その結果は、実際の走行距離に応じた利用料金だったようです。まあ、高速道路の料金は、「走行距離に応じて決まる」というのが大原則ですからね。その通りになりましたということでしょう。

 

 

高速道路では、入口のインターチェンジから出口のインターチェンジまでの走行経路に重複が出る走行は「周回走行」。同様に、入口から出口までの最短経路の距離の二倍を超える走行は「迂回走行」として扱われるそうです。

 

そして、それらの走行(周回走行か迂回走行)をした場合は、走行距離に応じて利用料金が計算される仕組みなのですよね。逆に、これらの走行に該当しなければ、最短ルートで料金が計算されるようになっているようです。

 

この方の場合、豊川から音羽蒲郡までを二回走行(重複して走行)していますので、迂回走行ということになります。実際、この方が蒲郡インターチェンジから一般道に出た際、料金所の電光掲示板に「周回走行」という表示が出ていました。

 

最近はいろいろと仕組みがあるようで、どの車がどの経路を走ったかがわかるようになっているらしいです。ただ、セキュリティ上の問題があるということなのか、具体的な判別方法は公表されていませんね。

 

恐らく、車両のナンバーを読み取って機械的に処理しているのではないでしょうか。でも、仮にそうだとした場合、読み取ったナンバーの情報はその後どうしているのでしょうね。

 

結構な量のデータになると思いますので、いわゆるビックデータとして活用しているのか。あるいは削除してしまうのか…。いづれにしても、個人のプライバシーにも関する話しですので、具体的なところを聞いてみたいですね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« アメリカは韓国を「信頼できない友人」と評価しているらしい | トップページ | 3万人もいれば、中には多少変わった人もいるでしょうね »

「日記」カテゴリの記事