« 設立して一年で存亡の危機に立たされた都民ファーストの会 | トップページ | 国会議員とメディアではどちらが強いのか(より権力があるのか) »

2017/11/15

偏向報道を繰り返す朝日新聞への痛烈な批判

 

日本維新の会の足立議員が、自身のSNS(Twitter)に「朝日新聞、死ね」と投稿したことが話題になっているようですね。昨年に話題になった「保育園落ちた、日本死ね」もそうですが、こういう表現はどうかと思います。

 

ただ、足立議員自身も言葉遣いについては適切と思っていないそうで、「保育園落ちた、日本死ね」が許容される国会の現状や、それを流行語大賞に選んだメディアに対する異議申し立てとして、「朝日新聞、死ね」と表現したようです。

 

恐らく、「朝日新聞、死ね」は足立議員なりの問題提起だったのでしょう。朝日新聞が「ねつ造報道」を。山尾議員(民進党・当時)が「日本死ね」を国会で取り上げたことについて謝罪・撤回すれば、足立議員も投稿を撤回するそうです。

 

なお、ここでいう「ねつ造報道」とは、これまでに朝日新聞が行ってきた、加計問題(加計疑惑)に関する報道のことらしいですね。

 

朝日新聞は、文部科学省の文書にあった「総理のご意向だと聞いている」という言葉を問題視してきたわけですが、同じ文書にあった、「戦略特区諮問会議の決定なら、議長が総理なので、総理からの指示に見えるのではないか」という部分は取り上げませんでした。

 

そもそも、「総理のご意向だと聞いている」という言葉も伝聞なので、これで「総理のご意向」があったと言うのはおかしいのですが、「総理からの指示に見えるのではないか」の部分は、「総理の責任にしてしまえば都合が良いのではないか」という、いわば核心部分ですからね。これを報道しなかったのはおかしいです。

 

このように、事実の中から都合の良いところだけを切り抜いて報道する朝日新聞の記事について、「ねつ造」と表現して良いかどうかは意見の分かれるところだと思いますが、少なくとも偏向報道ではありますし、批判されて当然だろうと思います。

 

 

こうした経緯があった中、朝日新聞は今月11日付の社説で「加計開学へ これで落着とはならぬ」という「さらなる記事」を出したのですが、これに対して足立議員が、「自分のねつ造報道で拡大した風評を自ら取り上げ、(安倍首相の)印象操作をしている」と考えて今回の話しに至ったようです。

 

また、これに対して朝日新聞は、「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」とのコメントを出しているようですね。

 

まあ、「ねつ造」かどうかという意見の分かれる部分について、朝日新聞は「ねつ造」という事実は無いと言っているわけですね。でも、これが「偏向報道」ではないかといった指摘なら、少なくともその事実は無いとは言えないと思います。

 

何となくですが、足立議員に限らず、朝日新聞に対して良い印象を持っていない人も多いのではないかと思いますね。特に、慰安婦問題に関する朝日新聞の報道などは、「誤報」というより「ねつ造」と言ったほうが良いくらいでしたし…。

 

そして、これらの朝日新聞の報道が「日本人に対するヘイトスピーチ」の原因の一つにもなっていますので、今回の足立議員の投稿については、(表現はともかく)「よく言ってくれた!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちなみに、もう30年も前の出来事なので朝日新聞自身も忘れていると思いますが、朝日新聞も「ねつ造」報道をしたことがあるのですけどね。いわゆる「朝日新聞珊瑚記事捏造事件」です。この時は、朝日新聞のカメラマンが沖縄のサンゴに自ら傷をつけ、「誰がやった?」といった記事を書いていましたので…。

 

そういう事実もあって、朝日新聞は何かあると「ねつ造新聞」などと言われてしまうのだと思いますけどね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 設立して一年で存亡の危機に立たされた都民ファーストの会 | トップページ | 国会議員とメディアではどちらが強いのか(より権力があるのか) »

「日記」カテゴリの記事