« 全会一致で一任しておきながら結果が悪かったから排除とは… | トップページ | 風邪の予防にミカン茶が良いとは言うけれど…その味は? »

2017/11/01

48年間の歴史に終止符、東芝が「サザエさん」のスポンサーを降板

 

以前から噂にはなっていましたが、経営再建中の東芝が、テレビアニメ「サザエさん」のスポンサーを降板するそうですね。不正会計が発覚して以降、東芝の経営は綱渡り状態ですので、こういったところの合理化は避けられないのでしょう。

 

少し前には、「(サザエさんのスポンサーを続けることについては)一定の有効価値がある」といった話しも出ていましたが、そういうことを言っている余裕すら無くなってしまったのかも…。

 

東芝は、昭和44年(1969年)10月の「サザエさん」放送開始以来、約48年間にわたってスポンサーを務めてきたわけですが、それだけに、東芝といえばサザエさんといったイメージを持っている方も多くいらっしゃると思います。

 

今回の話しを聞いて、残念に感じた方も多いのではないでしょうかね。自分も子どもの頃には、毎週のようにサザエさんを見ていましたし、その中で流れる東芝のテレビコマーシャルも見ていましたので、残念に感じています。

 

でも、東芝がサザエさんのスポンサーになったのは、テレビや冷蔵庫などの自社製品の普及が目的だったようですからね。リストラの中、家電部門を中国企業に売却してしまった時点で、すでにスポンサーを続ける意味は無くなっていたのでしょう。

 

そういったことを考えると、今回の話しは、遅かれ早かれ出ることになっていた結論が、たまたま今のタイミングで出てきた…というだけのことかもしれません。そうなる運命だったということですね。

 

でもまあ、「サザエさん」は長寿番組ですよね。まさに国民的アニメだと思います。原作者の長谷川町子さんが亡くなってから20年以上経っていると思いますが、それでも番組は続けられるものなのですね。

 

「サザエさん」は、福岡県の地元紙「フクニチ新聞」(当時)から連載漫画を依頼され、アルバイト感覚で描き始めたものだそうですが、長谷川町子さんご本人も、ここまでの作品になるとは思っていなかったのではないでしょうか。

 

「サザエさん」の登場人物(家族構成や名前)についても、自宅近くの百道海岸(ももちかいがん・福岡市)を、妹さんといっしょに散歩していたときに思いついたという話しです。

 

また、連載開始後は、お姉さんと出版社を設立して「サザエさん」を出版するなどしていたようですね。その記念すべき第一巻は、B5判の横綴じという特殊なサイズだったそうで、それが原因で大量に返品されてしまったとか…。

 

と、そんな紆余曲折があって今に至ったようです。「サザエさん」というと、東京の世田谷…というイメージがありますが、その原点(サザエさん発案の地)は福岡なのですね。

 

ちなみに、世田谷には「長谷川町子美術館」がありますが、福岡には「サザエさん通り」というものがあるそうです。全長は約1.6キロメートルで、道の途中には「磯野広場」があるらしいですね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« 全会一致で一任しておきながら結果が悪かったから排除とは… | トップページ | 風邪の予防にミカン茶が良いとは言うけれど…その味は? »

「日記」カテゴリの記事