« 総選挙にはもれなく最高裁判所裁判官国民審査がついてくる | トップページ | 選挙演説中のヤジは意思表示か、嫌がらせか、選挙妨害か »

2017/10/18

小池新党が失速?希望の党の支持率が低迷している理由

 

昼休みにネットのニュースを見ていたところ、「民進党出身の希望の党公認候補が露骨に反旗を翻している」という記事がありました。記事によれば、こういった候補者が続々と出ているのだとか…。

 

まあ、異なる考えの人たちが当選ファーストで集まっただけですからね。当然の結果だろうと思います。むしろ、当選してから反旗を翻すよりは正直?で良いのではないでしょうか。

 

また、希望の党もこうした候補者をコントロールするだけの力がないのでしょう。今のままでは、選挙が終わってすぐに希望の党も終わってしまいそうですよね。一時期は注目されていたのになあ…。

 

このニュースを見た職場の同僚も、どうしてここまで支持率が下がっちゃったんだろうね…などと言っていました。確かに、ここまでの落ち込み方は、異常といえば異常かな…。

 

でも、今くらいの支持率が希望の党の本来の実力ではないですかね。何となくですが、それまでの支持率は、メディアによって作り出された数字ではないかという気がしています。

 

確かに、今に至るまでの小池都知事のやり方にも問題はありましたよね。都知事選挙のときから応援してくれた若狭さんや、早い時期に合流してきた細野さんを「リセット」して自分が党首になってしまうとか…。

 

あるいは、民進党が合流してくる際、政策が一致していることが前提です…程度でやめておけば良かったのに、いわゆるリベラル(というよりは左派ですよね)の人たちを「排除」すると言ってみたりとか…。

 

こういったやり方(言動)は、日本人には好まれないですよね。これによって小池さんの好感度がかなり下がったと思いますし、その分だけ、ある意味で筋を通した立憲民主党のほうが好感度が上がったような気がします。

 

 

ただ、希望の党の支持率低迷の一番の理由は、メディアの応援が無くなってしまったことではないでしょうか。小池さんについては、実力があって評価されていたわけではなく、メディアが過剰に評価していただけですよね?

 

では、なぜメディアは小池さんを応援しなくなったのか…。それはたぶん、小池さんが「反安倍」あるいは「反自民」の象徴的存在として使えなくなったからではないかと思います。

 

朝日新聞ほど露骨にやっている(この時期に「自民は×」なんていう記事を出しています)ところは珍しいですが、反安倍や反自民という方向性で報道しているメディアは結構あります。

 

都知事選挙のときも、「国政では自民が強いけれども地方になると自民は弱い。だから都知事を自民党から」となって自民党が候補者を擁立したとき、その対抗馬が小池さんだったので、多くのメディアはいっせいに小池さん側につきました。

 

そして今回の総選挙でも、野党第一党の民進党が弱っていたところに小池新党ができたので、メディアは都知事選パート2を狙って小池さん側についたと思います。でも、そこで反安倍・反自民の急先鋒だった民進党左派を「排除」してしまった…。

 

その結果、メディアの応援先は希望の党から立憲民主党にシフトした…という感じではないかと思います。その後、小池さんも「安倍一強と戦う」「モリ・カケ問題は終わっていない」などと言い始めましたが、時すでに遅しでしたね。

 

まあ、こういった考え方が正しいかはわかりませんが、仮に当たらずとも遠からじだとすると、結果的に今回も、国民がメディアに踊らされたということになるのでしょうね。

 

 

« 総選挙にはもれなく最高裁判所裁判官国民審査がついてくる | トップページ | 選挙演説中のヤジは意思表示か、嫌がらせか、選挙妨害か »

「日記」カテゴリの記事