« やはり都政軽視ですか?東京大改革はどうなるのかな… | トップページ | 第48回衆議院議員総選挙の序盤情勢など »

2017/10/12

功ある者には禄を与え、徳ある者には地位を与えよ

 

「功ある者には禄を与え、徳ある者には地位を与えよ」

維新三傑の一人である西郷隆盛の言葉(原典は中国最古の歴史書「書経」のようです)ですね。今の言葉にすると、「功績(実績)のあった者には高い給与を与え、人徳(人格や見識?)のある者には高い地位を与えよ」だと思います。

 

この言葉は、仕事ができるというだけでリーダーにしてはいけない…という戒めの意味で引用されることが多いですが、確かにその通りだと思いますね。プレイヤーに求められる資質と、リーダーに求められる資質とは明らかに異なりますので…。

 

でも、仕事ができる人というのは、たいてい周囲の人から一目置かれる存在ですし、良くも悪くも組織の中で影響力を持っていますからね。この人ならリーダーにしても良いかな…と思ってしまうのも仕方がないかな…という気もします。

 

ただ、仕事ができる人にも様々なタイプがいて、例えば、自分のやりたいことを進めるのはうまいのに、他人の面倒を見るのが苦手で組織にも馴染めないといった、いわゆる一匹狼のような人もいますからね。

 

そういう人をリーダーにしてしまうと、最悪の場合、下についた人たちがリーダーに使われるだけになってしまいますので、短期的には良い結果が出るかもしれませんが、長期的には組織をダメにすると思います。

 

 

リーダーに求められる「人徳」というものをどのように定義するかは難しいですが、少なくとも一匹狼タイプのように、常に自分が最前面に出てしまうような人に対して使う言葉ではないと思います。

 

やはりリーダーというのは、最前面に立つこと(自分のためにすること)もあれば、逆に人陰に立つこと(他人を想い他人のためにすること)も必要だろうと思いますし、その両方のバランスがとれてこその存在ではないかと思います。

 

自分も今までいろいろなタイプのリーダーを見てきましたが、この人は立派だな…と思えた人は、他人を想って行動するところが多くあった人ですね。逆に、この人は厳しいな…と思った人には、そうしたところがほとんどありませんでした。

 

また、他人を想う気持ちの少ない人は、常に自分自身の損得が基準になっているような気がします。自分にはメリットがないからやらない…とか、自分が損をするだけだから責任は取らない…といった感じですね。

 

最近は、病気になるくらいに部下を罵倒してしまうような、いわゆるパワハラ系やモラハラ系の上司が問題になっていますが、そういった人たちも、一言で言えば自分の損得が最優先なのではないでしょうか。

 

まあ、実際のところはわかりませんが、こうした人がリーダーになっても組織のためにはならないということだけは間違いないと思います。

「功ある者には禄を与え、徳ある者には地位を与えよ」

こうした言葉が中国最古の歴史書に書かれているということは、いつの時代にもダメなリーダーがいるということでしょう。組織には、リーダーとしての機能をしっかり果たしてくれる人を見極める力が必要なのかもしれませんね。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« やはり都政軽視ですか?東京大改革はどうなるのかな… | トップページ | 第48回衆議院議員総選挙の序盤情勢など »

「仕事」カテゴリの記事