« 貧乏な人気者と不人気な金持ちの化かし合い | トップページ | 空中分解?民進党は四つに分裂したらしい »

2017/10/02

先立つ人も辛い、残された人も辛い

 

ネットのニュースサイトを見ていたところ、三菱電機の新入社員が自殺したという記事が出ていました。少し前には、電通の新入社員の過労自殺が問題になりましたが、今回はいじめが原因の自殺のようですね。

 

亡くなったのは25歳の男性社員で、国立大学の大学院を出て昨年4月に三菱電機に入社したそうなのですが、その年の11月に社員寮で自殺したとのことです。現在、男性のご両親が、会社を相手に損害賠償を求めた裁判をしているそうです。

 

三菱電機では、この男性が自殺したのと同じ時期に、別の男性社員に労災認定(過労が原因で精神疾患を発症)が出ているそうですので、今後は、労務管理が適切だったかどうかが問われることになりそうです。

 

記事によれば、男性は、配属先で経験のないソフトウエア開発の仕事を与えられたそうで、上司に助言を求めたものの、十分な指導を受けられなかった上に、他の社員の前で激しく叱責されたことなどを苦にしていたようです。

 

どの職場でも、経験のない仕事を与えられることはふつうにあると思いますが、ソフトウエア開発のような専門性を要求されるであろう仕事が、未経験者に割り当てられたという点については、違和感を感じますね。

 

 

まあ、そういった世界を知らないので違和感を感じるのかもしれませんが、専門性の高い仕事であれば、ある程度の経験のある人か。学校でそうした勉強してきた人を雇うと思うのですけど…。

 

採用しようと思っていた人が採用できなかったなど、何かしら事情があったのかもしれませんが、そうした仕事を割り当てられた側にしてみれば、右も左もわからないわけですから苦労が多かっただろうと思います。

 

そういった状況で仕事をしているところで、記事の通りに一方的に非難されたのだとしたら、それはかなりのプレッシャーになると思いますし、気持ちの優しい人であれば心が折れてしまうと思いますね。

 

また、この男性は亡くなる前に遺書を書いていたそうなのですが、書いたのが11月6日で、亡くなったのが16日早朝らしいのですよね。亡くなるまでの10日間をどのように過ごしていたのかと思うと、何とも言えない気持ちになります。

 

そして当然のことですが、男性のご両親の落胆も相当のようです。記事にも、親として気付けなかったことや、助けてあげられなかったことに後悔している…といったご両親のコメントが出ていました。

 

先立つ人も辛かったと思いますが、残された人も辛いのですよね。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

« 貧乏な人気者と不人気な金持ちの化かし合い | トップページ | 空中分解?民進党は四つに分裂したらしい »

「仕事」カテゴリの記事