« 追加工事の入札不調で豊洲市場への移転が先延ばしになるかも | トップページ | 「希望の党」で思い出した「フロム・ファイブ」と「太陽の党」 »

2017/10/29

証拠物件399…魔法の銃弾という陰謀論

 

台風22号は速度が速まったようですね。月曜日から台風の中を出勤かあ…と思っていましたが、今の感じですと、明日はふだん通りに出勤できそうです。天気予報も確認してみましたが、明日の東京地方は「晴れ」(最低気温14℃・最高気温19℃)になっていました。

 

さて、数日前に、ケネディ大統領暗殺事件の機密文書の全面公開が保留になったという報道がありましたね。CIA(アメリカ中央情報局)やFBI(同連邦捜査局)が公開を拒んでいるそうです。

 

存命中の外部協力者への配慮などが理由らしいですが、捜査上の失態など、事件から50年経ってもなお公開できないくらいに都合の悪いことを覆い隠したい…というのが本音かもしれません。

 

専門家の間では、オズワルド容疑者の単独犯行説は揺るがない…という話しになっているそうですが、非公開の文書が公開されてみないことには、本当のことはわからないような気もします。

 

数ある陰謀論を見聞きしているせいかもしれませんが、一国の、しかもアメリカという大国のトップが暗殺されたわけですから、何か裏があるのでは?…と思ってしまうのが人情ではないかと…。

 

特に、証拠物件399でしたか、いわゆる「魔法の銃弾」については、話しを聞く限りでは「あり得ないこと」にしか思えませんからね。まあ、そうだからこそ陰謀論につながるのでしょうけど…。

 

オズワルド容疑者がビルの6階から発射した一発の弾丸が、車の後部座席に座っていたケネディ大統領の首の後ろあたりに命中し、そのまま体を貫通して、前の座席にいたコナリー知事の右肩に命中した…というところまでは理解できます。

 

ただ、その弾丸は、さらにコナリー知事の体も貫通し、ちょうど上げようとしていた右手の手首を貫通して左大腿部に食い込んだ…というのですからね。そんなことがあるのかな…と思ってしまいます。

 

専門家に言わせると、証拠物件399は魔法の弾丸などではなく、ケネディ大統領とコナリー知事の位置関係や体の向きなどを考慮すれば、問題なく説明できることなのだそうですけど…。

 

いづれにしても、非公開の機密文書の中身を早く見てみたいです。隠されていると、ついつい見たくなる…というのも人情ですよね。早くその日が来ないかな…と思います。

 

 

« 追加工事の入札不調で豊洲市場への移転が先延ばしになるかも | トップページ | 「希望の党」で思い出した「フロム・ファイブ」と「太陽の党」 »

「日記」カテゴリの記事