« ストップ・ロス・オーダーという優れた知恵 | トップページ | 嘘が一回刷り込まれると、真実を何回言っても元には戻らない »

2017/09/10

二重国籍疑惑の次は不倫疑惑なの?

北の核実験やミサイルの問題が気になっていたせいで、すっかり忘れていましたが、民進党の代表選挙が行われて前原さんが代表になったのですよね。そして、就任直後から党の人事でゴタゴタしてしまったと…。

 

前原さんとしては、山尾さんに幹事長になって欲しかったようで、いったんはそれで内定したものの、山尾さんの個人的な問題(不倫スキャンダル)が原因で、最終的には大島さんになったのですよね。

 

恐らく、蓮舫さんが党首に選ばれたときに二重国籍疑惑で大騒ぎになったので、山尾さんの不倫疑惑で同じようなことになるのは避けたかったのでしょう。その判断は正しいと思います。

 

ただ、二重国籍疑惑があっても党の代表にはなれたのに、不倫疑惑があったら党の幹事長にすらなれないというのはどうでしょうか。まあ、民進党はそういう政党です…と言ってしまえば終わる話しですが、少しばかり変ですね。

 

それに、幹事長は大島さんですが、幹事長代行は辻元さんのようで、こちらもどうなのかな…と思います。森友問題のとき、最初の頃は辻元さんが先頭に立っていましたけど、辻元疑惑みたいな話しが出て以降、姿が見えなくなった人ですからね。

 

 

そう考えると、民進党の先行きは厳しいかもしれません。そして、こういうタイミングで党の代表になった前原さんも大変だろうと思います。とりあえずは、今のゴタゴタを収束させることが、代表としての最優先課題でしょうか。

 

でも、なぜ山尾さんが幹事長候補だったのでしょうね。確かに国会審議などでは目立っていましたけど、政治家としての実績はさほどでもないと思うのですけど。それに、外からみた印象もあまり良くないですよね。

 

例えば、過去には、山尾さんが支部長をしていた政党支部の出費が問題になりましたよね。地球5周分のガソリン代が使われていたとか…。でも、このことについて説明責任を果たしたのか…といえば、必ずしもそうは言えないと思います。

 

また、待機児童問題では一躍脚光を浴びて、民進党のジャンヌダルクとまで言われていましたけど、「保育園落ちた日本死ね」が流行語大賞に選ばれた際は、満面の笑みで授賞式に出席して批判されていました。

 

こうしたことについては、政治家失格と言われても仕方がないと思うのですよね。実際、与党の議員が同じことをすれば、山尾さんも野党の議員の一員として、国会を空転させてでも責任追及していたと思いますし。

 

 

正直、不倫疑惑よりも、こういうことのほうが問題だと思いますけどね。確かに疑惑が事実であれば、道徳的にどうなのか…という話しにはなりますし、公職に身を置いているわけですから、当然その責任を追及されるとは思います。

 

でも、不倫というのは、あくまでも双方の家族も含めた当事者間の問題ですからね。当事者同士が話し合って結論を出せば済むことですし、それについて他人が騒ぐのもどうかと思います。

 

まあ、山尾さん自身が他人の不倫疑惑に対しては厳しかった…という点は責められても仕方がないですけどね。他人のことよりも自分のことを何とかしろ…になってしまう話しですから。

 

ちなみに、山尾さんの釈明会見のコメントにあった「男女の関係はない」という言葉は、最近の流行り言葉なのでしょうか。少し前に不倫疑惑のあった女性議員も、似たようなこと(「一線を越えてはいない」でしたっけ?)を言っていましたけど…。

 

でも、不倫疑惑って、不倫と邪推されるような行為があったこと自体が問題で、男女の関係があったかどうかや一線を越えていたかどうかは、あまり関係ないと思いますけどね。当事者になると、そう言いたくなってしまうものなのでしょうか。

 

 

« ストップ・ロス・オーダーという優れた知恵 | トップページ | 嘘が一回刷り込まれると、真実を何回言っても元には戻らない »

「日記」カテゴリの記事