« 命がけの仕事をしていれば説教くらいはしたくなる | トップページ | 夢も希望もない?日本に蔓延する三無い職場 »

2017/09/06

人権を守れと言いながら人権を軽視する一部の人たち

 

 

美容整形で有名な高須クリニックの高須院長が、過去にナチスやヒトラーを賞賛していたとの理由で、一部の人たちから批判を受けているようですね。

 

高須さんはテレビ番組への出演も多いそうなのですが、「高須を番組に出すな」といった苦情がテレビ局に入ることもあるようです。

 

高須さんが、具体的にどういう発言をして批判を受けているのか。あるいは、本当に批判されるような発言をしたのかはわかりませんが、ネット上には、「高須クリニックはナチスクリニックだ」といった中傷もあるようです。

 

まあ、高須さんはお医者様ですからね。ドイツ医学については学ばれているでしょうし、そういう意味ではドイツと縁があるのだと思いますが、ドイツに対して、それ以上の感情があるようには思えないですけど…。

 

以前、アイドルグループの衣装がナチスの軍服に似ていたということで大騒ぎになったことがありましたが、ナチスやヒトラーのことは、必要以上に大きく取り上げられる傾向があるように感じています。

 

恐らく、そういったことに対して過剰に反応する人たちがいるのでしょう。ただ、それが正義感によるものなのか。あるいは、何かしらの利権のようになっているからなのかはよくわかりませんね。

 

彼らが言う、過去に多くの人々の人権を侵害してきた存在なのだから当然だ…とか、欧米ではそういったやり方が当たり前なんだ…といった主張もわからなくはないですが、服が似ていたというだけで一方的に攻めたてるのも、それはそれで人権侵害だと思います。

 

 

自分も人権は大切だと思いますよ。ただ、その人権を守るために、他人の人権を軽視するようなことをするのは良くないと思います。そういったことをしても、人権嫌いを生むだけで逆効果だと思いますけど…。

 

これは、平和運動と言いながら暴力的な活動をする市民団体と同じですね。沖縄の反基地運動などが典型ですが、市民団体というよりは活動家や過激派の集団と言ったほうが良いのではないかと思うことさえあります。

 

さて、話しは戻りますが、高須さんは現在、民進党の蓮舫代表(当時)と大西議員を相手に裁判をしているのですよね。こちらも事情はよくわかりませんが、国会で高須クリニックのことを中傷されたからだそうです。

 

まあ、有名税というのでしょうか。世の中に名前が知られてくると、いろいろと言われますからね。当然、そういったものの中には、誹謗や中傷もあると思います。高須さんも、いろいろと言われているのかもしれませんね。

 

でも、いくら文句があるからといっても、テレビに出すな…はやり過ぎですよ。嫌なら見なければ良いだけですからね。それに、文句があるなら直接本人に対して言えば済む話しです。それを本人と関係のあった人たちに言うのは筋違いでしょう。

 

また、一代であそこまでのものを築き上げたわけですから、高須さんにとって「高須クリニック」は非常に大切なものだと思います。

 

いくら高須さんが高須クリニックの院長とはいえ、高須さん個人の言動を理由に高須クリニックそのものを中傷するのも筋違いだと思いますけどね。特に、ナチスクリニックという言い方は中傷の域を越えていると思います。

 

 

« 命がけの仕事をしていれば説教くらいはしたくなる | トップページ | 夢も希望もない?日本に蔓延する三無い職場 »

「日記」カテゴリの記事