« 相変わらず?朝日新聞が見出しでミスリード | トップページ | 夜の本能を呼び覚ませ?夜から衰退する日本経済 »

2017/09/25

希望の党は都民ファーストの会パート2?

 

安倍首相は首相官邸で記者会見し、28日から開かれる臨時国会の冒頭で衆議院を解散する意向を表明しましたね。総選挙は10月10日公示で、22日投開票の日程で行われるようです。

 

そうした中、野党第一党の民進党では離党者が続出しているようです。民進党は、改憲反対と安保関連法の廃案を政策に掲げているようですが、この政策自体、離党者が出る原因の一つになっているのではないでしょうかね。

 

隣の国で戦争が起きるかもしれない。日本にも影響が出るかもしれない。そんなときにこの政策はちょっと…。まあ、民進党としては、そんなときだからこそこの政策なのでしょうけどね。

 

一方、若狭さんや細野さんが旗揚げすると言っていた「希望の党」ですが、結局は小池都知事が旗揚げすることになったそうですね。また、そのまま党の代表に就任するようです。

 

都民ファーストの会の代表だったときには、都議会議員選挙が終わったら代表を辞任してしまいましたが、今回も総選挙が終わったら代表を辞任するのでしょうか。さすがに二回目は批判が出そうですけど…。

 

 

しかしまあ、小池さんも忙しい人ですよね。日本新党から出馬して政界入りしたと思ったら、一年足らずで日本新党が解党してしまい、その後は新進党に参加。その新進党も解党してしまい、今度は自由党に参加。

 

そしてしばらくしたら自由党が分裂してしまい、その後は保守党に参加したものの、その保守党も離党して保守クラブを経て自民党に入党。さらに自民党を離党して都民ファーストの会。そして今度は希望の党ですからね。

 

ちなみに、希望の党の政策は、徹底した情報公開、アベノミクスに代わる成長戦略、憲法改正といったものになるようです。若狭さんは一院制を公約にすると言っていましたけど、あっさり消えてしまいました。

 

でも、情報公開とか成長戦略って政策なのでしょうか。まあ、選挙公約なんて言ったもの勝ちみたいなところがありますから、どうでも良いと思っているのかもしれませんけどね。

 

党名自体も、希望の塾の「塾」の字を「党」の字に取り替えただけですし、候補者も元民進党といった感じですし、まるで都民ファーストの会パート2みたいですよね。これで本当に大丈夫なのでしょうか。

 

都民ファーストの会が、選挙のときだけ賑やかで、今は全く中身が見えないのと同様に、希望の党も、注目されるのは選挙のときだけかもしれません。こういうのに騙されちゃうようじゃダメだと思いますね。

 

だいたい、都知事なのですから、国政ではなく都政に集中して欲しいと思います。市場移転問題もオリンピック関係のことも、騒ぐだけ騒いで結果はご覧の通りですからね。無責任と言われても仕方がないと思います。

 

 

« 相変わらず?朝日新聞が見出しでミスリード | トップページ | 夜の本能を呼び覚ませ?夜から衰退する日本経済 »

「日記」カテゴリの記事