« 高校無償化に関する広島地裁と大阪地裁の判決 | トップページ | 8月なのに東京は連日の雨模様 »

2017/08/19

人工知能?の小池都知事によるブラックボックス都政

 

 

お盆休み前の出来事ですが、小池都知事の定例記者会見で面白い(というか都民を馬鹿にしたような)やり取りがあったようですね。豊洲市場移転問題に関する小池都知事の方針について、財源や運営費などを検討した記録が東京都に残っていないことを記者が質問した際のやり取りです。

 

記者は、「築地は守る、豊洲を活かす」という最終判断が、小池都知事と顧問団による密室で下されていて、これは、情報公開という小池都知事の方針に逆行するのではないかという指摘もある…といった趣旨の質問をしたのですが、これに対する小池都知事の回答(記事から引用)は以下のようなものでした。

 

情報というか文書が不存在であると、それはAIだからです。

~中略~

最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます。

回想録に残すことはできるかと思っておりますが、その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません。

政策判断という、一言で言えばそういうことでございます。

 

何とも言えない回答ですよね。特に、「文書が不存在であると、それはAIだからです」や、「人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます」のあたりは、日本語になっていないと思います。

 

 

この会見が行われる数日前に小池都知事は、AIなどをテーマにしたフォーラムにゲスト登壇していたそうで、それが定例会見での回答に影響したのではないか…といった話しもあるようですが、だからといって、こんな回答になりますかね?

 

報道を見る限りでは、質問した記者も他の記者も、この発言の真意というか、日本語の意味を聞き返していないようなのですが、あまりに意味不明な発言に驚いて反応できなかったのか、いつものこととして聞き流したのか…どちらなのでしょうか。

 

それに、「回想録として残すことはできるかと思っております」も酷い話しですよね。これを読んだときには、「回想録で情報公開なんて、都民を馬鹿にしているの?」と思ってしまいました。これが首相や閣僚の発言だったら、今ごろはメディアをあげてのバッシングに発展していたと思います。

 

理由はわかりませんが、メディアの皆さんは小池都知事のことを甘やかし過ぎではありませんかね。森友問題や加計問題では、「疑惑に答えろ」とか「行政が歪められた」と言って大騒ぎしたのに、これらの小池都知事の発言に触れないのはどうかと思います。

 

メディアの皆さん、小池都知事によって都政が歪められていると思うのですが、それに触れない報道も歪んでいませんか?

 

 

« 高校無償化に関する広島地裁と大阪地裁の判決 | トップページ | 8月なのに東京は連日の雨模様 »

「日記」カテゴリの記事