« お友達内閣に始まり深謀遠慮内閣で解散総選挙へ? | トップページ | 首相は信頼できないが内閣支持率は軒並み上昇 »

2017/08/04

政治家は高潔であるべきとは言うけれど…

タレント出身の女性議員の不倫報道があったそうですね。妻子のある男性議員と、シングルマザーの女性議員との関係だそうで、男性議員のほうは離婚調停中なのだとか…。

 

まあ、離婚が成立していない以上は不倫ということになりますので、問題のある関係ではありますが、世間では、そういう話しもあるかな…というくらいで受け入れられてしまうような話しかもしれません。

 

さすがに「不倫は文化」とまで言う人はごく少数だと思いますが、夫婦関係が破たんしている男性とシングルマザーの女性が出会えば、そういうこともあるかな…となるような気がしなくもないです。

 

基本的に、男女の関係というのは当事者間の問題だから…というのもありますよね。そういう話しに他人が口を出すのもどうかな…といった考えの人も多いのではないかと思います。

 

ただ、これが政治家となると話しが違ってきますよね。政治家というのは、ある意味で人の上に立つ仕事ですし、そうである以上は高潔であるべき…と思う方が多いからかもしれません。

 

 

でも、そういう人を選んだのは自分たちですからね。もちろん、選ぶときにはそういう人だとは思っていなかった…知らなかった…ということですが、それでも政治家は自分たちが選んだ人です。

 

政治家はそういったことをしてはいけないと言うのなら、次にその人が立候補したときは投票しない。そういう人は許さない。という姿勢を見せることが必要だと思います。

 

相手の人となりがわかった後、それまでと同じ付き合いをするのか、距離を置くのかに、その人の価値観が表れるわけですからね。

 

不倫をする政治家がいるということは、過去にそういった話しがあった政治家を再選させているせいではないですかね。政治家にだけ道義的責任を求めるのは、政治家をしっかり選んでいない自分たちの責任逃れでもあります。

 

よく、政治家は国民を映す鏡だと言いますが、その通りかもしれません。結局のところ、有権者のレベルを超える政治家はあらわれないのですよね。民主主義というのは、そういうものなのでしょう。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« お友達内閣に始まり深謀遠慮内閣で解散総選挙へ? | トップページ | 首相は信頼できないが内閣支持率は軒並み上昇 »

「日記」カテゴリの記事