« 首相は信頼できないが内閣支持率は軒並み上昇 | トップページ | 恵みの雨にはなりそう、でも豪雨災害が心配 »

2017/08/07

胃健診のバリウムが苦手なのだけど…

 

 

ここ最近の東京は、はっきりしない天気が続いていますね。梅雨明け前よりも、梅雨明けした後のほうが梅雨らしい天気…といった感じです。台風も来ているらしいので、しばらくはこんな感じなのかもしれません。

 

ということで、いつ雨に降られても良いように、カバンの中には折り畳み傘を入れたままにしています。いわゆるゲリラ豪雨のような強い雨になると、折り畳み傘ではどうにもなりませんけどね。

 

さて、話しは変わりますが、いろいろとありまして、お盆休みの前に胃健診に行くことになりました。胃健診は今までに何回か受けたことがあるのですが、バリウムを飲むのが苦手なこともあり、検査のことが頭に浮かぶと気が重くなります。

 

胃健診では、まず最初に発泡剤という胃を膨らませるための粉状の薬を飲むわけですが、これは甘みのないラムネ菓子を細かくしたようなもので、酸っぱいだけで美味しくないのですよね。

 

次に飲むバリウムも、ドロッとしているだけで美味しくないですし、ドロッとしているだけならまだしも、微妙に粉っぽいですよね。コップ一杯とはいえ、こういう液体を飲まないといけないことも嫌です。

 

 

一応、発泡剤は唾液と混ざると発泡してしまうのと、舌の先端に触れると酸っぱさを感じやすいので、できるだけ舌の奥のほうで飲むようにする…とか、バリウムは口に含んでいる時間ができるだけ短くなるように一気に飲む…といったことがコツらしいので、それに従ってみようとは思いますが…。

 

そして、この後にいよいよ検査が始まるわけですが、機械の上で身体を回転させたり向きを変えたりするのも、ふだんからするような動作ではないので大変です。もう少し楽に検査できないものかな…と、いつも思います。

 

また、そうこうしているうちに、最初に飲んだ発泡剤が効いてきてゲップが出そうになるのですよね。うつむき加減に下を向くと我慢できるという話しなので、毎回そのようにしてはいますが、それでも我慢するのはつらいです。

 

時間にすると10分かかるかどうかの検査なのですけど、意外と疲れるのですよね。「はい、お疲れ様でした」という先生の声を聞いた瞬間、ほっとすると同時に、もう今回で最後にしたいな…と思います。

 

ということで、悪い結果が出ないことを期待して検査に行ってこようと思います。今までも大丈夫だったので、たぶん今回も大丈夫でしょう。

 

 

« 首相は信頼できないが内閣支持率は軒並み上昇 | トップページ | 恵みの雨にはなりそう、でも豪雨災害が心配 »

「健康」カテゴリの記事