« 37種類のハラスメントを50音順で一覧表にしてみました | トップページ | 糖質制限ダイエットはどのくらい効果があるのだろう? »

2017/08/29

「戦争になっても戦場には行きません」と言う前に…

 

 

最近ネット上で、「戦争になっても戦場には行きません」といった宣言?を見かけるようになりました。これらはみな、自分なりの思いがあっての発言でしょうし、戦場に行くということは自分の生死に関わる話しですからね。そうした考えになるのも分からなくはないです。

 

まあ、こういう話しが出るのは、戦後の平和教育の影響でしょうね。ある日突然、自宅に赤紙(軍の召集令状)が送られてきて、遠くの戦地に出征していった…といった当時の話しを聞いているので、戦争になったら自分も同じようになってしまうと思っているのでしょう。

 

ただ、今の時代は、どこか遠いところにある戦場に行って(地上戦を)戦う時代ではないですよね。ふだん自分たちが暮らしている地域に、ある日突然、どこか遠いところからミサイルが飛んでくる(本土ミサイル攻撃の)時代です。

 

日本から離れた場所が戦場になるのではなく、いきなり日本が戦場になるということです。自分が戦地に行くとか行かないとかいう話しではなくて、自分がいるところが戦地になるわけです。

 

今朝も、Jアラートやエムネットで情報が流れたように、以前から日本の方角に向かって北のミサイルが飛んできています。日本の手前、あるいは今回のように日本を通り越して落ちてくれるなら良いですが、国土に落ちてくる危険性もあるのですよね。

 

だから今は「もし北のミサイルが飛んできたらどうしよう」となっているわけです。自分が今いる場所のすぐ近くに北のミサイルが落ちれば、まず間違いなく命を落とすわけですから当然のことですし、これが今の時代の戦争の形です。

 

 

こうした状況でも「戦場には行かない」という考えになるのは、どこか違っていると思いますね。そうなる原因についてはよくわかりませんが、ひょっとしたら、戦争に対する考え方が偏っているのかな?

 

戦争には、

1.自国が他国を攻撃することによって起こる戦争

2.他国が自国を攻撃してくることによって起こる戦争

3.他国同士の戦争に巻き込まれることによって起こる戦争

といった、いろいろなパターンがあるわけですが、特に憲法9条を擁護するような立場の人たちは、日本で起こる戦争は1.であるという前提で議論しているようですからね。「他国を攻撃=戦場に行く」という考えなのかもしれません。

 

でも、日本の周辺を見てみればわかる通り、尖閣諸島周辺では2.の可能性もありますし、米朝関係を考えれば3.の可能性もあるわけです。特に今なら3.ですよね。こうしたことを抜きにして、この問題を語るのはどうかと思います。

 

それに、戦争というのは必ずしも理路整然と始まるわけではありません。例えば、尖閣諸島での小競り合いから戦争に発展する可能性もあるわけす。実際、2010年(平成22年)には、尖閣諸島中国漁船衝突事件というものが起こっていますよね。

 

この事件は、中国漁船が意図的に日本の海上保安庁の船舶に体当たりしてきたものですが、戦争というのは、こうした事件がきっかけで起こる場合もあります。第一次世界大戦のきっかけも暗殺事件でしたからね。今は日本側が自制しているから、そこまでになっていないだけです。

 

 

やはり、平和というのは「建前」であって、建前だけでは問題を解決できないのだと思います。それが軍事バランスなのか、あるいは、民族主義や自国第一主義なのかはわかりませんが、そうした「本音」の部分も見ていかないとダメなのでしょう。

 

自分が子どもの頃にも、アメリカとソビエト連邦(当時)の大国同士が睨み合うという東西冷戦の時代があって、やはり今と同じように「平和だ。いや軍事力だ」といった議論をやっていました。

 

今にして思えば、この時も平和が建前で軍事バランス(軍事力)が本音だったと思います。たまたまソビエト連邦が崩壊し、それによって東西冷戦は終結しましたが、それ以降、建前の通り平和になったのかと言えば、必ずしもそうではないですからね。

 

誰しも平和を望んでいるでしょうし、戦争なんてやりたくないと思っていますよ。でも、だからと言って建前だけ議論していてもダメだと思います。もう少し本音の部分に踏み込んだ議論をしないと、何かあっても対応できないと思いますね。

 

しかしまあ、無警告でミサイルを撃つなんて…。国連憲章違反であることは間違いないのでしょうが、何より、いつでも日本にミサイルを撃ち込めるんだぞ…という武力による威嚇でもあると思います。

 

今回のミサイルは、日本全域が射程に入っていると言われている中距離弾道ミサイルらしいですからね。これにより、日本は今までにないくらい深刻なリスクを抱えることになったと思います。

 

 

« 37種類のハラスメントを50音順で一覧表にしてみました | トップページ | 糖質制限ダイエットはどのくらい効果があるのだろう? »

「日記」カテゴリの記事