« フィリピン上院でもフェイクニュース取締法を審議中 | トップページ | 韓国で出国禁止になっている日本人男性 »

2017/08/15

戦後72年目の終戦記念日

 

 

戦後72年目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられた方々に謹んで哀悼の念を捧げますとともに、今、こうして日々を過ごせることに感謝したいと思います。

 

自分が若い頃には、この日になると玉音放送の「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」の部分の音声と、皇居前広場で土下座して天皇陛下に詫びる人々の姿が繰り返しテレビで流されていましたので、今でもその印象が強く残っています。

 

自分の祖父母や両親は、ともに戦争を経験している世代ですので、当時の話しはいろいろと聞かされていましたが、子ども心に大変な時代だったんだな…と思う反面、どこか自分とは関係のない遠い世界のことに感じていました。

 

自分が経験していないことや実感を持てないことを理解するのは難しいのですよね。繰り返し頭の中で考え、想像して、ようやく理解できるというのが本当のところではないかと思います。

 

 

さて、先の大戦については、侵略戦争であったとか自衛のための戦争であったとかの様々な話しがありますが、歴史というのは単純に善悪をつけられるものではないと思いますし、少なくとも「自衛」という側面もあったのだろうと思います。

 

また、この「自衛」という側面については、玉音放送の中でも触れられているのですよね。玉音放送の全文が紹介されることは滅多にありませんし、漢文で書かれているので読んでもわかりづらいのですが、その中に以下のような一文があります。

 

「先に米英二国に宣戦した理由もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを切に願うことから出たもので、他国の主権を否定して領土を侵すようなことはもとより朕の志にあらず。」(口語に訳しました)

 

このようなことは、もう少し取り上げられても良いと思うのですよね。先の大戦の話しになると、必ずと言って良いほど「日本人は反省しろ、謝罪しろ」といった話しになりますが、あまり自虐的になるのもどうかと思いますね。

 

当時、国の将来を信じて多くの人たちが戦ったことや、戦争で何もかも失ったところから国を再建し、世界で有数の経済大国にまで発展したことなどについては、むしろ誇りに思って良いと思いますよ。

 

日本人はもっと自信を持ったほうが良いですし、他国から言われっぱなしのままにはせず、はっきりと自分たちの考えを言い返したほうが良いです。沈黙は金が通じるのは日本だけだと思いますね。

 

 

« フィリピン上院でもフェイクニュース取締法を審議中 | トップページ | 韓国で出国禁止になっている日本人男性 »

「日記」カテゴリの記事