« 内閣支持率急落の一因はメディアの報道姿勢? | トップページ | 世界初「すべて無料」のスーパーマーケット »

2017/07/11

行政が歪められたのか、歪められた行政が正されたのか

昨日は衆参両院で閉会中審査が行われ、いわゆる加計問題についての質疑がありましたね。参考人として、前文部科学省事務次官の前川さんや、前愛媛県知事の加戸さんらが出席されていました。

 

審査会でのやり取りは、国会のインターネット中継サイト(衆議院参議院)でも見ることができますし、動画サイトにも映像がアップロードされていますので、そちらでも見ることができます。便利な時代になりましたよね。

 

自分も動画サイトにアップロードされていたダイジェスト版?を見てみました。衆参両院で行われた審査会は数時間にわたるものですが、その中からいくつかの質疑をまとめたものです。以下、それを見ていて気になったことを二つ書きます。

 

一つは、前文部科学省事務次官の前川参考人に対する質疑についてです。いわゆる「総理のご意向」などの文書の流出元は前川さんではないかとの質問に対し、前川さんは「回答を差し控えたい」「様々な憶測があると思うが、自分が明確に回答することではない」といった趣旨の回答をしていました。

 

正直言って、この回答には驚きましたね。前川さんが文書を出して、前川さんがその文書について会見をして、それで今までの騒動になっているとしたら、まさに茶番なわけですから、否定しておいたほうが良い話しだと思うのですけど…。

 

 

もう一つは、前愛媛県知事の加戸参考人に対する質疑についてです。「行政が歪められたという話しになっているが、歪められた行政が正されたというのが正しいと思う」「一番強い反対は日本獣医師会だった」といった趣旨のことを話されていました。

 

また、「民主党政権になって、対応不可の門前払いから実現に向けての検討にレベルアップした」とも話されていました。その民主党が今は民進党に変わり、どういうわけか賛成していた側から反対する側にまわっているというのは実に不思議な話しです。

 

そして、「加計ありきではありません。加計学園が、たまたま愛媛県会議員と加計学園の事務局長がお友達であったから話しが繋がれて、飛びついた。」といったことも話されていましたね。

 

これによって、首相と加計学園の理事長が友人だったから加計ありきになった…といった疑惑があっさり否定されてしまったわけですが、このあたりの話しは、おそらくメディアが取り上げることはないでしょう。都合が悪いですからね。

 

また、「今までたくさんの取材を受けたが、都合良くカットされて、言いたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかったのは残念だが、あのYoutubeがすべてを語りつくしていると思う」といったことも話されていました。

 

「あのYoutube」というのは、諮問委員会の民間委員の方が開いた記者会見の様子を録画した映像のことを言われているようですが、加戸さんいわく、この映像は「国民に知ってもらうべき重要なこと」なのだそうです。

 

 

さて、この加計問題ですが、今後どのように進むのでしょうね。国会で大騒ぎするような話しではない…というのが自分の印象なのですが、野党やメディアは今まで通り大騒ぎを続けるのですかね?

 

また、獣医師の関係については、文部科学省でも調査・研究が行われてきたようで、そういった関係の資料が文部科学省のサイトに掲載されているのですよね。例えば、「獣医学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議」といったものが掲載されています。

 

その中の「資料5-4 獣医師数の国際比較」などを見ると、欧州と比べて日本の獣医師の数は少ないです。別に欧州と比較する必要はないのかもしれませんが、少なくとも文部科学省は「(欧州に比べれば)獣医師の数が足りない」と指摘しているわけです。

 

でも、加計問題での文部科学省は、「内閣府が獣医師の数が足りない根拠を示さない」といった姿勢でいます。これらのことと今回の審査会の映像からすると、自分には文部科学省が行政を歪めてきたように見えるのですけどね。

 

 

« 内閣支持率急落の一因はメディアの報道姿勢? | トップページ | 世界初「すべて無料」のスーパーマーケット »

「日記」カテゴリの記事