« 格上の韓国、格下の日本(韓国にとっての真正性) | トップページ | 老後資金はいくら必要?老後は悠悠自適?老後貧乏?下流老人? »

2017/07/07

7月7日…七夕…天の川…川の日

今日は七夕でした。7月7日といえば七夕…というイメージがありますが、実は「川の日」でもあるのですよね。全国の河川を管理している国土交通省が、平成8年(1996年)に定めた記念日です。

 

人と河川の関係を見直すことで、河川に対する関心を取り戻しつつ、流域の良好な環境づくりに取り組もう…といった趣旨の記念日のようです。確かに、川の流れる風景には風情がありますので、そういったものが後世に残ると良いですよね。

 

また、7月7日といえば七夕伝説。七夕伝説といえば天の川。天の川といえば…ということで7月7日を「川の日」にしたそうです。7月は季節的に水に親しみやすいといったことも、「川の日」の制定理由の一つになっているようですね。

 

と、こんな「川の日」ですが、どのくらいの人に知られているのでしょうか。7月の記念日として真っ先に思い浮かぶのは「海の日」ではないかな…。そして、海の日といえば、次に思い浮かぶのは8月の「山の日」だと思います。

 

やはり、同じ記念日でも、祝日になっているか否かで認知度が違うような気がします。「川の日」も祝日にすれば、より多くの人に覚えてもらえるのではないでしょうか。個人的にも、休みの日が増えるのは有り難いですね。

 

 

さて、「川の日」の話題はこのくらいにして、七夕の話題に戻りたいと思います。自分は、七夕と聞くと七夕飾り(笹飾り)が思い浮かびますね。7月に入ると、商店街であったり駅のコンコースなどに七夕飾りが置かれて、子どもたちが書いた短冊が吊るされます。

 

その短冊に書いてある願い事を見るのが、ちょっとした楽しみなのですよね。子どもらしい夢のある願い事が書かれていたり、逆に、子どもにしては随分と現実的だなと思う願い事が書かれていたりと、いろいろあります。

 

ここ数年の短冊で記憶に残っているのは、「パンダになりたい」という願い事ですね。恐らく、「パン屋になりたい」と書きたかったところで、勢いで「パンダ」と書いてしまったのではないかと思います。

 

このように、将来就きたい職業を願い事にしている短冊はそこそこありますね。傾向としては、「パン屋さん」「お花屋さん」「ケーキ屋さん」といったものが多いような気がします。子ども向けの絵本やアニメによく出てくる職業なのかもしれませんね。

 

 

« 格上の韓国、格下の日本(韓国にとっての真正性) | トップページ | 老後資金はいくら必要?老後は悠悠自適?老後貧乏?下流老人? »

「日記」カテゴリの記事