« おしゃべり天才ペット!ファービー(初代)がやってきた | トップページ | 自分が気に入らない意見であっても他人の意見は聞かないといけない »

2017/06/05

サービス業的な仕事は苦労が多くて大変だと思う

JRの駅員が駅前のツバメの巣を駆除した際、巣の中にいたヒナを落下死させたとして批判されている…という報道がありました。ツバメは鳥獣保護管理法で保護が義務付けられていますので、法律違反ではないか…ということですね。

 

利用者からツバメのフンが汚いという苦情を受けたため、駅員が巣の周辺のフンを掃除して、その後に巣を駆除しようとしたらしいのですが、その際、巣の中にいたヒナを落下死させてしまったようです。

 

対応した駅員は、巣の周辺のフンを掃除しても、巣が残っていればまた汚れてしまう…と考えたのかもしれませんね。本来であれば、巣の周辺のフンを掃除した上で、周辺にフンが落ちないような対策をするのが良かったのでしょうけど…。

 

ただ、巣がある場所によっては、そういった対策を容易に行えないこともありますからね。それに、巣のあった場所は駅前のタクシーの乗り場の屋根ということですので、そもそも駅員が対応すべき場所なのかな…という気もします。

 

ひょっとしたら、それを私たちに言われても…といった話しだったのかもしれませんが、駅員(本来は運輸業)には接客の仕事(サービス業的なところ)もありますからね。利用者から言われれば対応せざるを得ない場合があると思います。

 

 

こういった仕事は苦労が多くて本当に大変だと思いますね。世の中には、このくらいはやってもらって当然。でも、配慮がなかったり結果が悪かったりしたら文句は言いますよ…という人もいますからね。

 

少し前の話しになりますが、JRの電車の乗務員には、乗務中の水分補給について報告義務があったのですよね。その当時はこのルールのためか、乗務中に熱中症になってしまう乗務員が出ていました。

 

こういったことに苦情を言ってくる利用者への配慮からできたルールだと思いますが、さすがにどうかと思います。苦情を言うほうもおかしいですし、それを受け入れてしまうほうもおかしいです。

 

サービスを受ける側も、もう少し寛容になったほうが良いですし、サービスを提供する側も、受け入れることが良いことなのかどうかを見極めたほうが良いです。そうしないと、窮屈な社会になってしまいますよね。

 

 

« おしゃべり天才ペット!ファービー(初代)がやってきた | トップページ | 自分が気に入らない意見であっても他人の意見は聞かないといけない »

「仕事」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ