« 「Made in Japan」は信頼の証し | トップページ | 最近の小池都知事の支持率と都議会議員選挙(2017)の投票先調査 »

2017/06/28

人間関係の最もシンプルで最低限のルール(遠慮・お互い様)

人が集まれば、大なり小なりトラブルはありますよね。それは家族であっても、あるいは近所づきあいであっても、職場であっても同じだと思います。このところ、自分の勤め先でも一部の皆さんが揉めているのですが、これもそんな話しの一つだと思います。

 

まあ、人間ですからね。気に入らないことがあれば感情的にもなるでしょうし、一方がそうなってしまえば、相手方も同じように感情的になってしまうと思います。原因はともかく、揉め事というのはこんな感じで始まるのでしょう。

 

ただ、感情に対して感情で返している限りトラブルは解決しませんので、ある時点で感情そのものを否定したほうが良いとは思います。そして、その際に大事なのは、他人の感情だけではなく、自分の感情も否定するということですね。

 

これを、自分の感情は正しいけど相手の感情(自分とは違う感情)は間違っている…などとやってしまったら、トラブルが解決するどころか、かえってひどい状態になってしまうと思います。

 

 

個別の人間関係でも、職場や地域などの多人数の人間関係でも、「私も我慢しますからあなたも我慢しましょうよ」(遠慮)。あるいは、「私もやっているのだからあなたがやっても問題ないですよ」(お互い様)というのが、最もシンプルで最低限のルールではないかと思います。

 

このルールを無視して、「俺はやるけどお前はやるな」みたいな、自己中心的というか身勝手な話しにしてしまうのは良くないと思います。でも、そうしたトラブルメーカー的な人って、どこにでもいるのですよね。

 

もちろん、会社の中であれば役回りがありますので、自分はこの書類に印鑑を押せるけど、あなたが押してはいけない…という話しはあります。ただ、これは会社の中の役割の話しで、純粋に人間関係の話しになった場合は違いますよね。

 

今の職場の揉め事は、どんなことにでも会社から与えられた役割(役職)が通ると思っている人と、さすがにそれは違うだろう…と思っている人たちとの揉め事なのですが、これは役職者の側の問題が大きいですよね。

 

偉くなると、そういうことが分からなくなってしまうのか。あるいは、そのくらいでないと偉くなれないのか。まあ、これはこれで人間らしいと思いますが、職場の人間関係を考えると、お互いに遠慮するか、お互い様にするかのどちらかにしてほしいですね。

 

 

« 「Made in Japan」は信頼の証し | トップページ | 最近の小池都知事の支持率と都議会議員選挙(2017)の投票先調査 »

「仕事」カテゴリの記事