« 電車の座席に上にあるのは網棚?荷棚?荷物棚? | トップページ | 東京都議会議員選挙(2017年)の投票先調査の推移 »

2017/06/17

安全と言いながら追加工事を行うことになりそうな豊洲市場

豊洲市場への移転問題ですが、専門家会議は「豊洲市場は安全」と言いながら追加工事を行うように提言したようですね。「リスク管理上、必要な対策を行う」ということですが、これは移転反対派への忖度ということでしょうか?

 

土壌汚染対策として約40~95億円。地下水管理システムの強化で約20~25億円の費用がかかるそうです。また、工事に必要な期間は8~22か月とのことですので、最大で120億円の費用がかかり、豊洲市場への移転も22か月延びることになりますね。

 

そして、22か月も移転が延びるとどうなるかというと、その間、築地市場の維持費と(使ってもいない)豊洲市場の維持費がかかります。実際どのくらいかですが、築地市場の維持費は約430万円/日。豊洲市場の維持費は約700万円/日とのことです。

 

その額で22か月分(30日×22か月=660日)となると、築地市場で約28億4,000万円、豊洲市場で46億2,000万円。合計すると約75億円の費用になります。さらに、これ以外にも業者への補償費が必要なのですよね。

 

約500件の補償件数のうち、約50件分についての5か月分の補償額が約9億円だったということですので、補償費は、9億円÷50件÷150日×500件=6,000万円/日になりますね。これが22か月分(660日分)とすると約396億円の費用です。

 

 

120億円(工費)+75億円(維持費)+396億円(補償費)=591億円。すごい金額ですよね。これだけあったら、保育所を作るとか防災対策をするとか、もっと良い使い道があると思いますけどね。

 

また、移転した後の話しもあります。当初は築地市場の跡地を売却する(そのお金で豊洲市場の建設費を補填する)という話しでしたが、ここにきて、売却をせずに活用するという話しが出てきました。

 

なんでも、民間に貸し出して利益を得るそうです。東京都が商売上手であるなら良いと思いますが、とてもそうは思えないです。だいたい、こういう話しを「民」ではなく「官」がやって成功したことってありますかね?

 

ここは素直に、売れるときに売ってしまったほうが良いと思いますけど…。今売ると、平米あたり180万円くらいという話しなので、23ヘクタールある築地市場が売れたら、それだけで約4,140億円になります。

 

それだけのお金があれば、豊洲市場の建設費が高すぎたとか、維持費が高すぎて赤字になるといった話しも無くなるような気がするのですがどうなのでしょうか。いづれにしても、今やっている話しはあまり良い話しと思えないです。

 

 

« 電車の座席に上にあるのは網棚?荷棚?荷物棚? | トップページ | 東京都議会議員選挙(2017年)の投票先調査の推移 »

「日記」カテゴリの記事