« のんびりした日曜日に上野の甘味処「みはし」で抹茶アイスをいただく | トップページ | 「最高の子育てベスト55」に「うんこ漢字ドリル」 »

2017/06/13

政治家の利権争いや芸能人の色恋沙汰はよくある話し

加計学園の問題について、出所不明の文書は調査しないと言っていたのが、一転して調査することになったそうですね。メディアの裏取りが進んで、怪文書とは言い切れなくなってきた…ということでしょうか。

 

この文書が出回り始めた頃は、出てくるたびに書体や書式が微妙に違う文書だったので、誰かが適当に作ったのかな…と思っていましたが、文部科学省の前事務次官の証言が出たあたりから少しずつ流れが変わり始めました。

 

ネット上では、これらの文書の出所は前事務次官と言われていますが、それが正しければ、実際に文書の通りのやり取りがされていたのだろうと思います。事務次官にまでなった人が、偽のメールを作ってまで騒ぐとは思えませんからね。

 

ただ、文書が実際に存在していたものだとわかったとしても、話しはそこまでだと思います。文書にあった「総理の意向」が、「加計学園を優先しろ」という話しであれば別でしょうが、「特区の案件を早く進めろ」であれば攻めきれないです。

 

既存の手続きでは時間がかかり過ぎるから「特区」という仕組みができたわけで、その中で行われていることを早くしろということ自体は、特区の趣旨に合っていますからね。だからどうした…で終わってしまいます。

 

 

それに、調査をする文部科学省も「すみやかに」とは言っても、いつまでに結果を出すとは言わないと思います。お役人のずるいところですが、「善処します」「前向きに検討します」などの言葉を信じてはいけないと思います。

 

昔から、「政治家の金絡み」の話しとか「芸能人の色恋」の噂話しはよくありますが、今回の話しも、そんな話題の一つだった…で終わるような気がしますね。この話しが出た当初は、「第二の森友問題」とか言って大騒ぎでしたけど…。

 

そして、今度は「第三の森友問題」という話しが出ているそうですが、これは不発に終わりそうです。そこで名前が出ている学校法人には、こうした疑惑に目を光らせているはずの大手メディアのOB・OGたちが多数在籍しているそうですからね。

 

政治家に「忖度」があるように、メディアにだって「忖度」はあると思います。自分が勤めている会社の元社長らが関係しているところを記事にするような記者は、少なくとも大手メディアにはいないでしょう。

 

せいぜい、フリーの記者が記事を書いて週刊誌に出るくらいではないですかね。まあ、それで世論に火が付くようなことがあれば、森友問題、加計問題に続く疑惑になるでしょうが、大手のメディアが扱わない限り、それはないと思います。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ

 

 

« のんびりした日曜日に上野の甘味処「みはし」で抹茶アイスをいただく | トップページ | 「最高の子育てベスト55」に「うんこ漢字ドリル」 »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ