« 仕事の無駄の原因…ムダはムリから生まれ、ムリはムラから生まれる | トップページ | 安全と言いながら追加工事を行うことになりそうな豊洲市場 »

2017/06/16

電車の座席に上にあるのは網棚?荷棚?荷物棚?

梅雨の時期って嫌ですよね。蒸し暑くなったと思ったら肌寒くなったりして、あまり体には良くないと思います。こういうときに体調を崩しやすいんだよなあ…などと思っていたら、本当に調子が悪くなってしまいました。

 

まあ、仕事を休むほどではありませんし、実際に仕事にも行っていますが、微妙にだるいのですよね。多少休めば何とかなると思いますので、週末は少し大人しくしていることにします。

 

さて、昨日は移動中にJR山手線の新型車両に乗りました。外観も内装も今風のデザインですよね。特に鉄道好きというわけではありませんが、新しい車両に乗るというのは何となく嬉しいものです。

 

乗ってみて目についたのは、網棚の上にディスプレイが3つ並んでいて、動画でコマーシャルが流れていたことです。ふつうに椅子に座っていても、視界の上のほうに動くものが見える状態になるので、自然と目が行きます。

 

どんなに凝った広告でも、実際に見てもらえなければ広告になりませんので、その意味では上手なやり方だと思いました。ひょっとしたら、鬱陶しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが…。

 

 

ところで、座席の上にある「網棚」ですが、以前は本当に「網」が張ってあって、そこに荷物を置いていましたが、今はアルミ製?の棚板に代わっていますよね。最近は、網でできた棚を見かけなくなりました。

 

長く網棚と呼ばれていますので、今後も網棚のままで構わないとは思いますが、今の人はどう思っているのかな…と思いますね。また、これと同じようなものに「つり革」がありますが、これも「革」以外の素材が使われています。

 

確か新幹線では、網棚と言わずに「荷物棚」だったか「荷棚」だったか、そういった呼び方をしていましたので、網棚は俗称で、本当は荷棚か荷物棚が正式名称なのかもしれませんね。

 

そう考えると、「つり革」も「つり手」が正式名称かな…。ドアや座席の脇についている棒状のものを「手すり」と呼んでいますからね。どちらも、手で体を支える…という意味では共通のものですので…。

 

と、こんな感じで改めて身の回りのものを見てみると、これはどうなんだろう…と思うことがありますよね。まあ、それと同時に、自分が歳をとったことも改めて感じるわけですが…。

 

 

« 仕事の無駄の原因…ムダはムリから生まれ、ムリはムラから生まれる | トップページ | 安全と言いながら追加工事を行うことになりそうな豊洲市場 »

「日記」カテゴリの記事