« 公職選挙における供託金の金額と没収基準 | トップページ | 頭の体操:40個の正方形を探す問題 »

2017/06/24

日本の女性は薄毛の男性に対して厳しい?

自民党の女性議員のパワハラが話題になっているようですね。自身の政策秘書の男性に対して、「このハゲ~」などと絶叫する女性議員の音声が、ネットの動画サイトにアップロードされていました。

 

まあ、人間ですから腹の立つこともあるのでしょうけど、ちょっと聞くに堪えない音声でしたね。仕事に対する叱責ならまだしも「ハゲ」はさすがにまずいですよ。男性にとって薄毛というのは結構深刻な悩みの一つですし…。

 

自分も年齢的に髪の毛は気になっていますので、「ハゲ」と言われたらショックですね。そもそも、日本の女性は薄毛の男性に対して厳しいと思います。男性の中にも平気な人はいるでしょうが、みんながみんな、自身の薄毛を受け入れられているわけではないですよ。

 

今回の件も含めて、ここ最近で女性の国会議員に対する印象が変わりました。例えば、国会の委員会で質問に立っている民進党の蓮舫さんなどを見ていると、ああいうモノの言い方や話し方は嫌だなあ…と思います。

 

同じく民進党の山尾さんもそうですね。議論が核心に入ってくれば気持ちも熱くなりますし、気持ちが熱くなれば声のトーンも高くなるのは仕方がないですが、それがヒステリックに見えてしまうのですよね。

 

 

このあたりは、同じ女性でも小池都知事は上手ですよね。ああいう話し方のほうが印象が良いと思います。どんなに良い話しをしていても、聞いた印象が悪ければ評価されないです。この点で民進党は不利だと思いますね。

 

また、最近でいえば自由党の森さんも印象が悪いですね。加計問題で文部科学省の役人の処分の話しになった際、「処分したら許しませんよ」と言ったときの森さんの様子は、決して良い印象を与えるものではなかったと思います。

 

「男性は強いが脆い。女性は弱いが逞しい」と言いますので、こういったところが女性の逞しさなのかもしれませんが、今は動画サイトに映像が残る時代ですからね。政治家のような、ある意味で人気商売の場合は気をつけたほうが良いと思います。

 

そうそう、役人の処分で思い出しましたが、民主党政権(当時)のとき、尖閣諸島で中国船が海上保安庁の船に体当たりしてきた映像が流出したことがありましたよね。このとき、映像を流出させた海上保安官は処分されています。

 

今回の件で文部科学省の役人を守るなら、当時も海上保安官を守らないといけなかったと思いますけどね。こういったダブルスタンダードこそ、許してはいけない問題のような気がします。

 

 

« 公職選挙における供託金の金額と没収基準 | トップページ | 頭の体操:40個の正方形を探す問題 »

「日記」カテゴリの記事