« 暗い場所でデジタルカメラを使う - ライトアップされたバラを撮影 | トップページ | 共謀罪がない日本ではテロ事件が一件も起こっていない? »

2017/05/23

森友問題で懲りてない?加計問題でも印象操作するメディア

森友疑惑の次は加計疑惑のようですね。朝日新聞などは、まるで総理の犯罪であるかのように扱っていますし、民進党の蓮舫さんは、「(究極の忖度で)内閣総辞職に値する」と、鬼の首でも取ったかのような勢いです。

 

個人的には、攻めたつもりが攻められていた…という、いつものブーメランにならなければいいな…と思いますし、そろそろご自身の二重国籍問題について説明されてはどうかと思いますが…。

 

加計学園の件は、一言で言えば「特区という規制緩和によって四国初の獣医学部が創設される」という話しで、このこと自体は、問題があるというより歓迎されてもよさそうな話しだと思いますけどね。

 

また、加計学園が近畿地方の大学と学部創設を競っていたという話しもあるようですが、すでに獣医学部のある近畿地方と、まだ獣医学部のない四国地方であれば、四国地方を選択するのがふつうの感覚のような気もします。

 

そして、この問題については、役所の正式な文書なのか怪文書なのかわからないような文書が出回っていますが、これも変ですよね。こうした文書は、快く思っていない人が嫌がらせで出すこともあるわけですが、今回もそんな感じではないでしょうか。

 

 

この文書について朝日新聞は、文部科学省が「記録を文書にしていた」と記事にしていますが、その証明はされていません。立証できれば、朝日新聞の期待通り?に政権にダメージを与えられるわけですから、そうすれば良いのですよね。

 

いくら朝日新聞でも、怪文書をもとに記事を書いたわけではないでしょうからね。朝日新聞は「(加計問題は)疑問がつきない」とも書いていますが、疑問がつきないのは、むしろ朝日新聞を読んでいる読者のほうかもしれません。

 

また、出回った文書とされるものでネットに残っていたものを読んでみましたが、忖度や便宜があったのかな…と思える部分はあったものの、具体的にどの部分に違法性があるのかはわかりませんでした。

 

森友問題のときもそうでしたが、延々と「疑惑がある」という話しをしているだけでは時間の無駄だと思いますし、具体的に何が違法なのかを明確にできないようでは、追及とは言えないと思います。

 

ひょっとしたら加計疑惑は、文部科学省内でゴタゴタするようなことがあって(内輪もめ?)、それを気に入らなかった人が、文書を作ってマスコミに流して騒ぎにしているだけかもしれません。

 

今後、新しい何かが出てくるようであれば進展もあるでしょうが、何となく森友疑惑と同じで、大騒ぎするような話しではないような気がします。これを国会でやるのは、時間の無駄というか税金の無駄ではないでしょうか。

 

 

また、ネット上では、この問題について報道したテレビ朝日系列のニュース番組で偏向報道があったの…といった話しが出ています。テレビを見ていないので真偽はわかりませんが、以下のような放送内容だったそうです。

 

・獣医学部を設立したい2校(京都産業大学と加計学園)が、国家戦略特区の区域会議に資料を出した。

 

・京都産業大学は20枚の資料だったが、加計学園はたった2枚の資料で、しかもそれには誤字があった。

 

・なぜ少ない資料、しかも誤字のあるような資料を出した加計学園に軍配があがったのか…と疑問を投げかけた。

 

でも、実際に加計学園が提出した資料は28枚だったそうで、報道された2枚の資料というのは、今治市が作成したものだったようです。資料には作成者名も入っているとのことで、ネット上では、報道前に気づいたはず…という話しになっています。

 

仮にこの話しが事実だとすれば、完全に印象操作ですよね。加計学園の印象(結果として総理の印象)を悪くしようとして報道したことになりますので、本当であれば許しがたいです。

 

 

« 暗い場所でデジタルカメラを使う - ライトアップされたバラを撮影 | トップページ | 共謀罪がない日本ではテロ事件が一件も起こっていない? »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ