« ”都会のオアシス”浜離宮恩賜庭園をのんびり散歩 | トップページ | 日本人は好きだけれどもメディアは嫌いというルペン氏 »

2017/05/02

国会議員もゴールデンウィークは休みたい?

ゴールデンウィークはカレンダー通りということで、1日、2日は出勤なのですが、連休半ばということもあって、通勤時間帯の電車は空いていますね。いつもこのくらいの混雑だと助かるのですが…。

 

さて、昼休みにネットを見ていたところ、このようなニュースを見つけました。5月2日に法務委員会を開きたい…という話しに対して、野党側が反発しているのだそうです。ゴールデンウィーク中の審議は異例だから…ということのようですね。

 

確かに、連休になれば外遊したり地元に帰ったりと、国会議員の方も多忙なのだろうとは思いますが、国会審議も国会議員の大事な仕事の一つですので、連休半ばであっても、必要に応じて委員会を開催するのは当然だと思いますけどね。

 

まあ、審議の内容がテロ等準備罪(野党のいう共謀罪)ですから、何としてもこれを廃案にしたい野党としては、できるだけ審議を先延ばしにしたいというのが本音なのだろうとは思いますが…。

 

野党はいつもの通り?、職権で5月2日の委員会開催を決定した法務委員長の解任決議案の提出を検討しているようです。実際に出すのかどうかは分かりませんが、仮に出したとしても、わずかな時間かせぎにしかなりませんけどね。

 

 

しかしまあ、このテロ等準備罪というのは、そんなに問題のある法案なのですかね。民進党の国会議員の中には、この法案が成立したら国外に脱出するとSNSでつぶやいた方もいらっしゃるようですが…。

 

もし真剣につぶやいたのであれば、外国でも似たような法律のあるところが多いらしいので、脱出する先をよく考えてから行動しないと、またそこから別な国に脱出することになってしまうと思います。

 

いづれにしても、朝鮮半島情勢が緊迫しているにも関わらず、日本の国会は相変わらずおかしいなあ…と思います。隣にある国は、日本に向けてミサイルを撃つと恫喝しているのですけどね。

 

こういった場合、ミサイルに備えるのはもちろんのことですが、国内でのテロ活動などにも注意するべきだと思いますし、テロ等準備罪を含む組織犯罪処罰法も必要だと思います。

 

それにも関わらず反対ということは、逆に何か不都合なことでもあるのかと思ってしまいますよ。ひょっとしたら、テロ等準備罪が成立したら国外脱出する…という話しも、案外本気だったりして…。

 

 

« ”都会のオアシス”浜離宮恩賜庭園をのんびり散歩 | トップページ | 日本人は好きだけれどもメディアは嫌いというルペン氏 »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ