« イエスマンばかりが出世するサラリーマンの世界 | トップページ | 核を廃棄してやるから金を出せと言う「ならず者国家」 »

2017/05/12

やや失速ぎみの小池都知事と都民ファーストの会

先月末、豊洲市場への移転問題を巡って、築地市場の関係者らが住民監査請求書を提出したという報道がありましたよね。小池都知事らに対して、移転延期によって生じた費用(税金)の返還を求めるものです。

 

豊洲市場の1日あたり数百万円の維持費に加えて、最終的には数十億円になると言われている業者への補償金のこともありますので、税金を納めている都民からすれば、住民監査請求書の提出は当然の話しだと思います。

 

また、昨日は昨日で、築地市場の土壌汚染についての報道がありましたよね。東京都が築地市場で行った土壌調査で、地表近くから有害物質のベンゼンが検出されたそうです。

 

ただ、有害物質が検出されたからといって、築地市場が危険というわけではありません。築地市場も豊洲市場と同様、土壌はコンクリートなどで覆われていますからね。築地市場は安全です。

 

でも、従来から「築地市場は安全で安心」と言ってきたものが、今回の調査によって、豊洲市場のように「安全だが安心できない」となってしまいましたので、住民監査請求書の件も含め、移転を判断する小池都知事にとっては逆風になりそうです。

 

 

また、これも昨日の話しですが、東京オリンピック関連の報道もありました。東京都以外の競技会場の施設整備費について、東京都が全額負担することになったそうですが、小池都知事の言い訳とも受け取れる発言から、追い込まれたのかな…という印象を持ちました。

 

1~2月には85パーセント前後あった小池都知事の支持率も、3~4月には70パーセント台まで落ち込んでいますが、今回の報道によって、今後さらに支持率が下がるかもしれません。

 

一時期は、夏の都議選(7月2日投開票)で、小池新党とも呼ばれている「都民ファーストの会」が圧勝すると言われていましたが、今の状況ですと、微妙かな…という気がします。少なくとも、当初の勢いは感じませんよね。

 

今のところ、都議会自民党も都民ファーストの会も、獲得できる議席数は45議席前後といった予想らしいですが、選挙が近づけば、ネガティブキャンペーンみたいなことも行われますからね。この予想も変わってきそうです。

 

それに、都民ファーストの会の候補者の中には、小池都知事の人気が頼りという候補者もいるようですので、今後の状況次第では、都民ファーストの会が惨敗するということも起こり得るのではないでしょうか。

 

 

« イエスマンばかりが出世するサラリーマンの世界 | トップページ | 核を廃棄してやるから金を出せと言う「ならず者国家」 »

「日記」カテゴリの記事