« 「東北のほうでよかった」の一言で大臣が辞任する国 | トップページ | 朝鮮半島有事が起こった場合の被害想定 »

2017/04/27

現金や電子マネーがネットオークションに出品される事情

ニュースサイトに、ヤフオクなどのネットオークションに現金が出品されて問題になっている…という記事がありました。例えば、50,000円の現金が59,500円の価格で出品され、実際にその価格で取引されているそうです。

 

この話しが、古銭や記念硬貨の取引ということであれば不思議でも何でもないのですが、一般に流通しているふつうの紙幣の取引ということなので問題視されているようです。

 

まあ、それはそうですよね。なぜふつうに流通している紙幣が額面よりも大きな価格で取引されているの?となります。自分も、記事にある説明を読むまでは理解ができませんでしたから…。

 

この記事によれば、これらの取引は「(クレジットカードの)ショッピング枠の現金化」と呼ばれているそうで、違法ではないものの、一部では貧困ビジネスの一つではないかと言われているものだそうです。

 

 

どのような話しかというと、例えば、利用限度額が50万円のクレジットカードがあった場合、大抵は「そのうちキャッシングは30万円まで」といったような条件がついていて、30万円までは現金を借りられるようになっているのですよね。

 

この場合、利用限度額の50万円をショッピング枠。キャッシング(借り入れ)ができる30万円をキャッシング枠と言うそうですが、何かの理由で30万円を超える現金が必要になった場合、まずはキャッシング枠を利用して30万円の現金を借りるのだそうです。

 

そして、残り20万円(50万円-30万円)のショッピング枠を利用して何かしらの商品を購入し、その商品を売却することでさらに現金を得るのですが、こういった手法のことを、ショッピング枠の現金化と言うそうです。

 

実際、今までもそういったことが行われていたそうですが、商品を買って現金にする手間をかけるくらいなら、最初から現金を買えば良いのでは?ということになったのだろうと思います。

 

 

まあ、世の中にはいろいろな事情で現金が必要という方がいますからね。遊ぶ金欲しさもあれば、生活費や医療費が必要という場合もあるでしょうし、個人で商売をしている人であれば、一時的な運転資金が必要ということもあるでしょう。

 

そして、そういうニーズに対して、現金を販売しようという人が出てきたということなのでしょう。ただ、オークションを運営している会社も、さすがにまずいと思ったのか、利用規約を変えて現金の出品をやめさせたようですが…。

 

でも、ニーズがある以上は別な方法が出てくるでしょうね。実際、オークションで現金の取引が禁止された後、(換金性が高いと思われる)JRのSuicaといった電子マネーが出品されるようになったという話しもあるようですし…。

 

 

« 「東北のほうでよかった」の一言で大臣が辞任する国 | トップページ | 朝鮮半島有事が起こった場合の被害想定 »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ