« 相次ぐ失言や女性問題があっても下がらない内閣支持率 | トップページ | 現金や電子マネーがネットオークションに出品される事情 »

2017/04/26

「東北のほうでよかった」の一言で大臣が辞任する国

今村復興大臣が辞任したそうですね。二度の失言によって、被災地の方が不快感を感じるような発言を繰り返す復興大臣…といった悪いイメージが定着してしまったと思いますので、本人としては納得感がないかもしれませんが、辞任して良かったのではないでしょうか。

 

今回の失言は、もしも東日本大震災が東北ではなく東京で起こったら、莫大な被害額になった…という趣旨の話しで、その意味では間違ったものではなかったと思いますが、これを「東北のほうでよかった」と表現してしまったのは、あまりに軽率だったと思います。

 

この話しは、東日本大震災によって多くの方が亡くなった(今も行方不明の方もいる)。これが東京で起きていれば、それとは比較にならないくらい多くの方が亡くなっただろう…という人の命を天秤にかけるような話しでもあるわけですから、批判されて当然です。

 

 

ただ、発言自体は非常に不適切だったものの、このような言葉尻をとらえるようなやり方で大臣に辞任を求めるような風潮もどうかと思いますね。昔だったら、マスメディアに責められはしても、「どうしようもない大臣だ」といった話しで終わっていたと思います。

 

完璧な人間なんていませんからね。どのような人であっても、言い間違いをしたり失言をすることはあります。その内容が酷ければ責められるのは当然ですが、同時に、それを許すということも必要だと思いますし、実際、以前はそういった寛容さがあったと思います。

 

また、この件でも野党は、他の案件をそっちのけで安倍首相の任命責任を追及するようですが、これもどうかと思います。そういった人たちを選んでしまった国民にも責任がある話しですが、日本の政治のレベルがどんどん下がっているような気がします。

 

報道によれば、今回の件について被災地からは、「(復興大臣は)想像力が欠けている」といった批判が出ているとのことですが、こうしたことの繰り返しが社会に与える影響について、一人一人が想像してみることも必要ではないかと思いました。

 

 

« 相次ぐ失言や女性問題があっても下がらない内閣支持率 | トップページ | 現金や電子マネーがネットオークションに出品される事情 »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ