« 三連休も今日で終わり。梅の花もそろそろ見納めかな? | トップページ | 東京暮らしなのに東京みやげをもらう(東京ばな菜の花) »

2017/03/21

百条委員会に専門家会議に地下水モニタリングの再調査結果

天気予報の通り、今日の東京は雨になりましたね。気温も低く、昨日までの暖かさが嘘のような一日でした。明日、明後日は天気も回復して少し暖かいようですが、こうやって少しずつ春らしい陽気になっていくのでしょうね。

 

さて、今日は連休中に行われた都議会の百条委員会や専門家会議。豊洲市場の地下水モニタリングの再調査結果などの報道をざっと見てみましたが、特に進展したようなところはありませんでした。

 

また、19日に証人尋問のあった浜渦さんについては、水面下の交渉をした人…といった、やや印象の悪い報道もありましたが、今回の証人尋問の内容を見る限りでは、そういったことは感じませんでしたね。

 

 

浜渦さんによれば、水面下という言葉は交渉相手の東京ガスから出たものだそうで、株主対策など、民間企業としてするべきこともあるので、それまでは公にしたくないといった趣旨の言葉だったようです。

 

そして浜渦さんは証人尋問の最後に、困っているのは小池都知事だけではない…といったことを発言されたようです。この発言は、小池都知事への嫌味なのか、あるいは皮肉なのか…ちょっと意味深ですね。

 

一方、20日に証人尋問のあった石原さんについては、以前に行われた記者会見とほぼ同じような話しをしたようです。これだけは言いたい…ということなのか、改めて小池都知事の不作為の話しが出たようですけどね。

 

これに対して都民ファーストの会の都議からは、小池都知事の不作為の責任を言うのであれば、自分(石原さん)が作った過剰な基準についての責任を認めるべき…といった趣旨の発言があったそうです。

 

確かに、都民の安心を担保するために法令以上の厳しい基準値を持ち出したのは石原さんですからね。でも、それが過剰だと言うなら適正なものに修正すれば良いですし、過剰な基準値を理由にして移転延期を決めたのは良くなかったですね。

 

石原さんの決めたハードルがクリアされているかを確認しているところ…というのが、小池都知事を含む都民ファーストの会の主張ですが、すでにこのあたりからおかしな話しになっていると思います。

 

 

そして、専門家会議は…というと、豊洲市場は安全だが、安心については自分たちが判断することではないとのことです。これも以前から同じですね。立場上、これ以上のことは言えないのだと思います。

 

また、地下水モニタリングの再調査結果も前回より悪くなっているので、豊洲市場への移転を決断するのは難しいと思いますが、それでも安心については小池都知事が判断するしかないです。これ以上先延ばししても、良いことはないと思いますね。

 

« 三連休も今日で終わり。梅の花もそろそろ見納めかな? | トップページ | 東京暮らしなのに東京みやげをもらう(東京ばな菜の花) »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ