« いよいよ春本番?東京は暖かい三連休になりそう | トップページ | 三連休も今日で終わり。梅の花もそろそろ見納めかな? »

2017/03/19

ここ最近の内閣支持率と政党支持率を見て感じたこと

ここ最近の内閣支持率と政党支持率を見てみましたが、相変わらず与党が強いですね。メディアによって数字が微妙に異なりますが、内閣支持率がだいたい50パーセントくらいで、政党支持率では、自民が35パーセントくらいです。

 

では、自民以外の政党は…というと、軒並み一桁なのですよね。与党が強いというよりも、野党が弱すぎるのかもしれません。内閣支持率については、いわゆる森友問題で5パーセントも下がったのに今の数字ですし…。

 

何でもそうですが、問題が起こらないようにチェックしたり、問題が起こったときに指摘する人は必要です。政治の世界でいえば、それをするのが野党だと思うのですが、それができていないからこうした数字なのでしょう。

 

例えば、少し前に国会で南スーダンの国連PKOの議論がありましたが、このときの野党は、口では「自衛隊員の安全のため」などと言いながら、実際は「大臣の首を取りたいため」みたいな感じでしたからね。

 

現在、国連PKOはアフリカに集中していて、南スーダンについては、軍や警察関係だけでも約60ヶ国から1万人以上の人が参加しています。日本も国際貢献の一環としてそこに参加しているわけですが、こうした活動はどうあるべきかについて、もっと議論をしたほうが良かったと思います。

 

 

また、森友学園への国有地の払い下げの件も、話題の中心は、首相や防衛大臣と学園との関わりについてです。これについても、「国民の財産を守るため」と言いながら、実際は「首相や大臣の首を取りたいため」になっていると思います。

 

今週は、この件で証人喚問が行われるそうですが、今の感じからすると、与党を攻めたつもりが、気づいたときには自分たち野党が攻められていた…みたいな結果になってしまいそうですが、どうでしょうね。

 

野党第一党の民進党などは、政策で勝負する…みたいなことを言っていた時期もあったと思いますが、実際にそうしてほしいと思います。何かあるとプロジェクトチームを立ち上げて与党の揚げ足を取る…。こんなことばかりを続けていてはダメだと思います。

 

« いよいよ春本番?東京は暖かい三連休になりそう | トップページ | 三連休も今日で終わり。梅の花もそろそろ見納めかな? »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ