« 証人喚問まで行われた森友問題はこの先どうなる? | トップページ | 信頼できる人は謙虚で一貫性のある人 »

2017/03/26

森友問題はこの先どうなる?現職の国会議員による「やらせ問題」?

東京は、昨日、今日と寒かったですね。少し前は春本番か…といった感じでしたが、昨日からは、冬に戻ってしまったようです。桜の開花宣言が出たとのことでしたので、昨日は何か所か見て回りましたが、どこもまだつぼみの状態でした。東京でお花見が楽しめるのは、今週末くらいからかもしれませんね。

 

20170326

 

さて、今日は雨も降っていましたので、外出はせずに家の中で過ごしました。コーヒーを淹れて、本を読んだりネットを見たりと、久しぶりにのんびりした一日でした。また、森友問題で公表されたメール(森友学園の理事長夫人と首相夫人との間のメールのやり取り)の件が気になっていたので、それも少し調べてみました。

 

 

公表されたメールの中には、辻元という名前が出てくるということでしたが、産経新聞の記事の中に該当するものがありましたので以下に引用します。原文は句読点がなくて読みづらかったので、それは追加しました。また、記事では一部が伏字になっていました(○の部分)。

 

-ここから-

辻元清美が幼稚園に侵入しかけ、私達を怒らせようとしました。嘘の証言した男は、辻元と仲良しの○○○○○の人間でした。さしむけたようです。

(中略)

孫請業者の作業員が、その委託社長がしてないといったのにもかかわらず、その三日だけきた作業員が、辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです。作業員はわからないくせに、マスコミにいわしていたそうです。

-ここまで-

 

これだけですと何の話しなのか分かりませんが、ネットに出ている話しを総合すると、「民進党の辻元清美議員が、森友学園が認可申請した小学校の建設工事現場に作業員を送り込んで、マスコミに対して嘘の証言をさせ、ゴミの埋め戻し問題を騒ぎ立てた」といった話しのようです。現職の国会議員の「やらせ疑惑」ということですね。

 

これに対し、名前を出された辻元議員は、「まったくの事実無根」と否定しています。また、各メディアに対して、このような「誤った内容を拡散しないよう強く求めます」といった趣旨の文書を配布したようです。民進党も、「事実に反する虚偽のもの 」といったコメントを出していますね。

 

メディアに対して、どういった文書が配布されたのかはわかりませんが、内容次第では「報道に対する圧力」。あるいは「報道に対する政治の介入」だと思います。少なくとも、与党が同じことをしたら、民進党はそう言って追及するでしょうね。そして、それに対して、日頃から「報道の自由」を主張しているメディアが沈黙しているのも奇妙です。

 

 

まあ、森友問題自体、どこまでが真実でどこからが虚偽なのかがよくわからない話しですので、メールのやり取りだけで真実とするのは良くないと思います。ただ、その一方で、「本人が否定したから終わり」というのはどうでしょうか。民進党の蓮舫代表は、首相夫人の証人喚問を要求していますが、これも本人(首相夫人)が否定した話しですよね?

 

こういったダブルスタンダードが、民進党が支持されない原因の一つではないかと思います。蓮舫さんの二重国籍問題も曖昧なままですので、今のままでいくと、「自分に優しく他人に厳しい民進党」みたいな言われ方をされてしまうと思います。民進党は野党第一党なのですから、もう少ししっかりしてくれないと困りますよね。

 

« 証人喚問まで行われた森友問題はこの先どうなる? | トップページ | 信頼できる人は謙虚で一貫性のある人 »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ