« ゲバ文字で書いた謝罪の手紙を持って釜山の慰安婦像を訪問した日本人 | トップページ | 不当な廉売による便宜供与か、瑕疵のある物件の売り逃げか »

2017/02/24

いわゆるメルマガ訴訟で元首相の敗訴が確定

裁判は時間がかかるもの…と言われていますが、本当に長いですね。今週、2011年に提訴された名誉棄損訴訟について、最高裁判決が出たそうです。ニュースなどで、安倍首相メルマガ訴訟などと言われていたものですね。

 

これは、東日本大震災の直後に発生した福島第一原発の事故に関連して、安倍首相(当時は野党議員)が菅直人首相(当時)の対応を批判したメールマガジンを発行したところ、その内容が事実と異なるとして、菅氏が安倍氏を名誉棄損で訴えたものです。

 

安倍首相は、2011年5月の自身のメールマガジンで、「やっと始まった(原子炉への)海水注入を止めたのは、何と菅首相その人」であるとか、「(海水注入について)菅首相の英断とのうそを側近はばらまいた」などといった主張をしていました。

 

 

これについて第一審の東京地裁は、「実際に菅氏には海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」「記事は重要な部分で真実と認められる」として、菅氏側の損害賠償などの請求を棄却しました。

 

菅氏側はすぐに控訴しましたが、第二審の東京高裁では控訴棄却。さらに上告したものの、今回、最高裁で上告が退けられたため、第一審の判決が確定しました。ここまでくるのに6年弱ですが、本当に長いと思います。

 

ちなみに、負けたほうの菅氏のコメントは「残念な結果だ」で、勝ったほうの安倍氏のコメントは「私をおとしめようとした訴訟で、菅氏に猛省を求めたい」だったそうです…。

 

誰しも裁判をする権利はありますが、この件については訴えないほうが良かったのではないですかね。首相が野党議員を訴えること自体が見苦しいですし、司法制度を使って墓穴を掘った…みたいな話しで、これも見苦しいと思いました。

 

 

ところで、2011年当時に菅首相が追及されていた違法献金の話しはどうなったのですかね。東日本大震災の混乱で忘れられてしまったのか、すっかり話しを聞かなくなりました。

 

まあ、安倍vs菅という話しほうが話題性があるのはわかりますが、メルマガの内容が名誉棄損だ…といった話しよりも、違法献金の話しのほうが重要だと思いますけどね。

 

« ゲバ文字で書いた謝罪の手紙を持って釜山の慰安婦像を訪問した日本人 | トップページ | 不当な廉売による便宜供与か、瑕疵のある物件の売り逃げか »

「日記」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ