« 国旗に酷似した的を使って的当てゲーム | トップページ | 日本もジャパン・ファースト(日本第一主義)で行こう »

2017/02/02

日本も見習う?一部諸国の外国人の入国を禁止したアメリカ

行動力のアピールでしょうか、就任直後からいくつもの指令を出しているトランプ大統領ですが、メディアなどで入国禁止令と呼ばれている今回の大統領令には批判が集まっているようですね。米国内でも抗議デモが行われているようです。

 

この大統領令は、政権が移民入国審査手続きを修正する時間を確保するために、中東・アフリカの7ヶ国の人々が米国に入国するのを90日間禁止し、また、難民資格が認められた人々の入国も120日間停止するというものです。

 

 

そして、国土安全保障省に対しては、この7ヶ国の人々が「米国にとって安全保障または公共の安全の脅威ではないことを保証する」よう求め、国務省に対しては、入国を認められた難民が「米国の安全と福利の脅威にならないことを保証する」よう求めています。

 

もともと米国は、約40ヶ国の人々が商用や観光で入国する際の査証(ビザ)なし渡航を認めていましたが、最近になって、それらの人々でイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに旅行した経験のある人のビザ取得を義務付けたのですよね。この7ヶ国が今回も大統領令で名指しされました。

 

また、この問題については、日本の参院予算委員会でも野党議員から質問が出ていましたが、政府の答弁は「各国の入国管理政策は基本的には内政事項であり、その国が判断することだ」というものでした。まあ、その通りだと思います。

 

ただ、批判のある大統領令ですが、日本も多少は参考にしたほうが良いかもしれません。例えば過去には、竹島の日になると韓国人が入国して、カッターナイフを振り回して血文字で「独島はわが領土」みたいな主張をしていましたが、明らかに銃刀法違反です。こういうことをする人を入国させてはいけないと思います。

 

 

一回目は仕方がないにしても、二回目以降はあり得ませんよね。最近になって、事情を聴くなどの対応をしているのか、多少の時間は拘束するようになったと聞きましたが、入国拒否とは聞いていないので相変わらず入国させているのでしょう。こうしたことについて、日本は少し緩いと思いますね。

 

« 国旗に酷似した的を使って的当てゲーム | トップページ | 日本もジャパン・ファースト(日本第一主義)で行こう »

「日記」カテゴリの記事