« アラフィフ(50歳前後)はバブルの残骸? | トップページ | 多文化共生も限度を超えると他文化強制になる »

2017/02/13

東芝と聞くとサザエさんや三億円事件を思い出す

東京は昨日・今日と晴天で、朝晩は寒かったものの、日中はいくらか過ごしやすかったですね。でも、同じ寒い日でも、雨や雪が降るよりは晴れてくれたほうが助かります。足元を気にしながら傘をさして歩くのは面倒ですからね。

 

20170213
桜の木の下で撮影した青空

 

ただ、風があったせいでホコリが飛んでいるのか、あるいはもう花粉が飛んでいるのか、鼻がムズムズして少し眼がかゆいです。以前は花粉症なんて縁がなかったのですけどね。困ったものです。

 

 

さて、先週に引き続き、今日も仕事の都合で外出しましたが、移動途中で手にした週刊誌に東芝の記事が出ていました。数字的に厳しいとは言われていますが、その記事には、3月の決算がどうなるか…といったようなことが書かれていました。

 

10年ほど前に東芝が買ったウェスチングハウスというアメリカの原発メーカーの赤字などが7,000億円もありますからね。いくら東芝が大会社でも、これだけの赤字を抱えたら資金的にはかなり厳しいと思います。

 

それに東芝では、単体の従業員だけでも3万人以上。連結子会社を含めると19万人弱の従業員が働いていますからね。万が一の場合は影響範囲が大きいと思いますので、何とか持ちこたえて欲しいです。

 

ちなみに、東芝と聞くと家電製品を思い浮かべる方が多いと思いますが、自分の場合はサザエさんです。テレビアニメのサザエさんのスポンサーが東芝でしたので…。アニメの中に出てくる家電製品も東芝製でしたね。

 

あとは三億円事件でしょうか。東芝(当時の社名は東京芝浦電気でしたね)の従業員のボーナスが現金輸送車ごと盗まれた事件で、未解決のまま時効になりました。当時は子どもだったので、「億」という単位すらよく分からなかったですけど…。

 

 

当時の子どもの金銭感覚なんて、このくらいの小銭を持って駄菓子屋に行くと、だいたいこんなものが買える…くらいですから、三億円=ものすごい大金…くらいのイメージしかありませんでしたね。

 

両親が、「ボーナスが盗まれたら大変だろう…」みたいな話しをしていたのを覚えています。結局、ボーナスは少し遅れて全額支給されたそうですが、そのときには「さすが大会社は違うね…」みたいなことを言っていましたね。

 

当時の三億円は、今のお金にすると十億円くらいだと思いますが、今回の赤字はその700倍ですので本当に大変だろうと思います。福島の原発事故が無かったら、ここまでにはなっていなかったでしょうね。

 

« アラフィフ(50歳前後)はバブルの残骸? | トップページ | 多文化共生も限度を超えると他文化強制になる »

「中高年」カテゴリの記事