« プレミアムフライデーとか、小池塾とか、在日米軍とか | トップページ | 肩の痛みは五十肩?原因とか対処法とか予防法とかの話し »

2017/02/28

釜山裁判所が日本総領事館前の三一節集会を許可

駐韓大使の一時帰国から一か月以上が経過していますが、未だ帰任する気配すらありませんね。駐韓大使が一時帰国したのが1月9日ですので、もう間もなく二か月になりますが、そうした中、明日には釜山の日本総領事館前で三一節集会が行われるそうです。

 

三一節というのは韓国の祝日の一つで、三・一独立運動(1919年)を記念する日です。そのため、この日に行われる集会は反日の性格が強いのですよね。特に今年は、慰安婦合意を結んだ(=親日的なことをした)朴大統領に対する弾劾裁判が行われている最中ですので、荒れた集会になるとも言われています。

 

 

もともと韓国では、外国公館の100メートル以内での集会やデモが禁止されている上に、こういった事情もあることから、地元の警察はこの集会を不許可としたらしいのですが、その決定を裁判所が覆したようです。反日の前では法も降参してしまうのが、今の韓国という国なのですよね。

 

中国と同様、韓国の反日も、最初は政府に対する国民の不満の矛先をそらす(日本に向ける)ために行われていたのだろうと思いますが、それを教育やメディアを使って長期間に渡って行ってしまったため、反日こそが正義…となってしまったのかもしれません。

 

それに加えて、韓国は事大主義(支配的な勢力や風潮に迎合して自己保身を図ろうとする)ですので、正義になってしまった反日をやめようと言い出すことができないのでしょう。今や韓国は、反日がアイデンティティの国といってよいくらいだと思います。

 

 

また、中国の反日無罪ではないですが、韓国でも、反日という旗を掲げるだけで容易に国民を扇動できるようになっていますので、それが親北派と言われている人たちに利用されている面もあるように感じます。

 

ここで何とかしないと、本当に取り返しのつかないことになってしまうと思いますけどね。経済も厳しい、政治も厳しい、隣国も不安定…。反日を続けている場合ではないですよ。

 

« プレミアムフライデーとか、小池塾とか、在日米軍とか | トップページ | 肩の痛みは五十肩?原因とか対処法とか予防法とかの話し »

「日記」カテゴリの記事